News

ぐんまちゃんの1話は子供には不適切だと信じられていた

群馬県の地方マスコットでもある日本の有名な子供向けアニメ「ぐんまちゃん」は、12月12日に放映される予定だったエピソードが、子供には不適切と見なされたため、群馬テレビで放映されなかったことを発見しました。

群馬県がデザイン・プロデュースしたショーは、才能あふれるポニーとその仲間たちが群馬県の多くの不思議を探検している様子を追っています。このショーは、毎年恒例のゆるキャラグランプリ全国ランキングの長年のフロントランナーであり、くまモンやふなっしーなどの巨人と首を並べています。

質問されたエピソードについて

特定のエピソードでは、群馬ちゃんは、王子山と呼ばれる年上の雄馬がボートレースに続いているのが見られます。日本のこのような場所は、馬や自転車のレースと並んで、合法的な賭けの3つの大きな場所の1つと見なされています。

そして、そのシーンは、最初にレースでたくさんのお金を獲得した王子さんと群馬ちゃんを示していると言われています。しかし、王子さんは夢中になり、家に帰る電車の運賃すら払えないほどのお金を失います。そして最後のレースで、チップを受け取った後、彼は残りのお金を取り続けてそれを賭け、そして勝ちます。帰りの王子さんは、群馬ちゃんにその日の出来事を秘密にしておくように言います。

特にこの時点でのアニメは、昨年10月に放映された前のエピソードについて不満を言うために、日本の非政府放送倫理・番組改善機構(BPO)に連絡した一部の動揺した視聴者の後ろにすでにありました。特定のエピソードは自転車のレーストラックで行われました。これに応じて、BPOのメンバーはさらに苦情を群馬テレビに伝えました。

報道によると、しかし、苦情に応えて、群馬テレビがボートレースのエピソードを放送しないためにどのようなプロセスを取ることを決定したかは不明です。

群馬ちゃんアニメの製作者は、県内から実在する場所を時折紹介していることがわかっていますが、アニメーションに描かれている自転車やボートレースの会場は純粋に架空のものであると擁護していました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です