News

アニメ「鬼滅の刃」の新シーズン適応作品がグリーンライトを獲得

世界的に人気があり、日本からヒットしたアニメ「鬼滅の刃」は、現在進行中のマンガからアニメへの適応の次の段階にあります。今週のエピソードは、アニメの第2シーズンが終了して以来、ファンにとってほろ苦い瞬間でした。この発表は、打撃をやや和らげました。 「鬼滅の刃」吉原を舞台にしたエンターテインメントディストリクトアークのシーズン2が終了し、物語は「ソードスミスビレッジ」アークに進みます。発表によると、アニメの第1シーズンと第2シーズンは、大成功を収めた「無限トレイン」の劇場アニメによって隔てられていましたが、次のエディションは再びテレビアニメになります。 新しいアークのアニメーションショーケースはまだありませんが、ティーザービデオでは、「鬼滅の刃」隊員の時人武一郎(ハシラミスト)とカンロジミツリ(ハシララブ)のキーアートが公開されています。プロットのこの部分での主要な役割は、仲間の「鬼滅の刃」のように、連国恭十郎や宇津井天元が「靄の列車」や「歓楽街」で演じたものです。 セカンドシーズンの最後のエピソードは、宮野真守が声をかける、敵対者となるドマのアニメデビューも果たしました。 情報筋によると、残念ながら「ソードスミスビレッジ」の開幕の初日は発表されていません。シーズン1と2には25か月のギャップがあり、途中の「無限トレイン」の映画と、パンデミックの高さからの疑いのない遅延と複雑さのために、シーズン3の待機はなくなると予想されますさよなら。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。