News

ユネスコ世界文化遺産に登録されているアカウミガメの日本と韓国

日本の林芳正外相と彼の韓国のパートナーである鄭義溶は、ユネスコ世界文化遺産上場のための金の採掘場所の日本の提案をめぐって、土曜日に離れたままでした。 鄭氏はハワイでの集会で、新潟県の佐渡金山跡の日本の提案と戦った。 韓国は、朝鮮半島の人々が、その時点で、日本の巡礼者の支配下で、第二次世界大戦中にその場所で働かなければならなかったことを保証します。鄭氏は林に、正しい歴史の洞察が日韓間の将来のつながりを前進させる理由であることを知らせた。 林氏は、韓国の例外的な証明は容認できず、残念だと述べた。いずれにせよ、彼は同様に、日本は韓国と真剣な話し合いを行うつもりであり、社会的遺産としての鉱山サイトの価値はユネスコで適切に評価されるだろうと述べた。 林と鄭の間の話し合いは、彼らの最初の正式な対面の集まりでした。彼らの会話の本質は、日曜日に2つの国営政権によって明らかにされました。彼らは、アントニー・ブリンケン米国務長官を含む三者集会の前で約40分間議論を行った。 林氏は、双方の集会で、日韓関係は、本質的に戦時中の慰めの女性と呼ばれる問題をめぐって、紛れもなく困難な状態にあると述べ、状況を前進させる方法を見つけるよう韓国に求めた。 日本は、問題に対する報酬に関する意見の不一致が、1965年の財産と事件の両面和解によって解決されたと考えています。 鄭長官は、両国が死傷者に問題のない取り決めを守るために、裁量の専門家間の話し合いをスピードアップすべきだと勧告した。 チョン氏も同様に、2019年に発表された韓国向け製品に対する固定規制を日本が迅速に撤廃することを要求した。 議論の中で、林氏と鄭氏は、日韓の参加と米国を含む三者協力が北朝鮮の管理に重要であるという認識を分けた。彼らは、この問題について政府間交流を進めることに同意した。 相互の労働力取引について、チョン氏は、新しいコビッド緊急事態が早期に再建される前に起こっていることを信頼していると述べた。 林は、感染と戦うための日本のラインコントロール対策についてチョンに報告した。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。