News

北京ゲームでのスキージャンプ混合チームイベントでの日本ミス

スキージャンプの混合チームイベントでオリンピックデビューを果たした日本は、月曜日に失格が相次いだため、メダルを逃しました。 張家口国立スキージャンプセンターでのイベントでは、スロベニアが金メダルを獲得し、銀メダリストのロシアオリンピック委員会と銅メダルを獲得したカナダが表彰台に上がり、日本は4位で終了しました。 日本の高梨沙羅にもかかわらず、土曜日の女子個人イベントで4位、8か国決勝に進出し、103メートルの巨大な1回戦のジャンプがスーツ違反で引っかかれました。 しかし、6位のオーストリアとドイツが9位でフィニッシュし、最終ラウンドを逃したのは彼女だけではありませんでした。どちらもジャンパーが服のサイズで失格となり、8位の日本を通過させました。 その後、日本は、高梨が98.5メートルを飛行し、118.9ポイントを獲得するために身を固め、後に失格を知らされたという、ありそうもないメダルチャレンジを開始しました。 男子ノーマルヒル金メダリストの小林陵侑は、佐藤幸椷の122.7点と伊藤幸の97.3点で、106メートルを137.5点で飛ばし、カナダ3位を危うくした。 しかし、最後のカナダのジャンパーであるマッケンジー・ボイド・クロウズは、101.5メートルで128.1ポイントを獲得し、彼の国の合計は844.6で、日本の836.3を上回りました。 ノルウェーは、ジャンプスコアの2つが無効になった後、8位で終了しました。以前は、最初のラウンドの後に2位でした。 小林はその後、金曜日から男子個人スイープの可能性を残したまま、大きな丘のイベントに心を向けた。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。