News

北朝鮮が中距離弾道ミサイルの発射を確認

北朝鮮は、火星12の「中距離長距離ロケット」を、2017年頃からそのサイズの兵器を最初に試したときはいつでも、日曜日に発射したことを確認しました。 日本と韓国は両方とも、日曜日の朝に推定中距離長距離ロケット(IRBM)の送り出しを認識しました。これは、今月7回目の兵器テストです。 両国は、韓国当局が見送りを警告することで領土安全保障への危険性としてテストを非難し、長距離兵器と原子爆弾の継続的なテストを促す可能性がある。 北朝鮮の国家ニュースオフィスKCNAは、「調査発射試験は、地上から地上へのミッドレンジ長距離長距離ロケット火星12を具体的にレビューし、この兵器フレームワークの一般的な精度をチェックすることを最終目標として主導された」と述べた。月曜日に。 北朝鮮は最近、火星12が「巨大なサイズの重い原子弾頭」を運ぶことができると言いました。 KCNAは、隣接国の安全を保証するためにロケットの送り出しが指示され、テスト弾頭には宇宙にいる間に写真を撮るカメラが取り付けられていると詳細に述べた。 国営メディアによって配信された写真は、丸いカメラの焦点を通して北朝鮮とその周辺地域の宇宙ベースの写真を示しました。北朝鮮はかなりの期間で最初にそのような写真を撮ったと言った。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。