News

大坂なおみが2022年シーズンを勝利でスタート

全豪オープンチャンピオンで日本の大坂なおみは、火曜日にアリーゼコルネに勝利し、メルボルンで開催されたサマーセットのトーナメントの1つで、6-4、3-6、6-3で彼女を破って2022シーズンを開幕しました。
2度のグランドスラム優勝者は、2月に全豪オープンのタイトルを獲得した後、初めてロッドレーバーアリーナに戻りました。全米オープンで3回戦でレイラ・フェルナンデスに敗れた後、これは9月以来の彼女の最初のツアーレベルの試合でもあります。
昨年の初め、大阪は全仏オープンから2回戦の前に撤退し、メンタルヘルスの休憩を提案するためにしばらく休みました。彼女はまたウィンブルドンから撤退し、大釜に火をつけるために開会式の間に東京オリンピックに戻った。
今週、Tennis Australiaのサマーセットトーナメントの一環として、メルボルンで3つのイベントが開催されます。そのうち、2つはWTAトーナメント、1つはATPです。同じ週に、アデレードで、ATPとWTAの合同トーナメントがあります。シドニーでATPカップが行われている間。
他のセットの勝者
•メルボルンで開催された他の女子サマーセットトーナメントでは、トッププレーヤーのジェシカペグラが第1ラウンドでイリーナカメリアベグに7-6(6)、6-3で敗れました。
•ペグラは、ベグが後半に勝利を目指して集結し始める前に、5-3でリードしてポイントを設定していました。
•メルボルンでは、男子トーナメントでファクンド・バグニスが元1位のアンディ・マリーに勝利し、13のブレークポイントのうち11を6-3、5-7、6-3で節約しました。
•ファクンドは次に、サードシードのグリゴール・ディミトロフと対戦する予定です。
•マレーは、シーズンのオープニングメジャーでプレーするためのワイルドカードエントリーを与えられました。
•2020年全仏オープンチャンピオンのイガ・シフィオンは、6-3、6-3でダリア・サビルに勝利し、アデレード国際タイトル防衛を開始しました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です