News

日本が北京オリンピックでノルディック複合リレーで銅メダルを獲得

日本は、北京オリンピックのノルディック複合リレーで銅メダルを獲得しました。これは、1992年と1994年に金メダルを獲得して以来、このイベントで国内初の表彰台を獲得しました。 木曜日のイベントでは、日本のアンカーである24歳のジャンプスペシャリストである山本涼太が、通常の丘の個人に続いて4回目のオリンピックメダルを獲得した、大きな丘の銅メダリストである渡部暁人による4x5kmのリレーで3本目の足を猛威を振るった後3位になりました。ソチと平昌の銀メダル。 オーストリアは50分45.1秒で金メダルを獲得し、ドイツは通常のヒルチャンピオンのビンツェンツガイガーが巨額の赤字を克服して表彰台に到達したため、表彰台の3ウェイファイナルダッシュで銀メダルを獲得しました。 オーストリアから12秒遅れて4位からスタートした渡部善斗は、4×5キロリレーの最初のセグメントを12分56秒で滑って日本を2位、ドイツに0.3秒遅れさせた。 しかし、永井秀昭のセカンドスキーヤーはそのポジションを維持することができず、アキトを離れて、ドイツ、オーストリア、ノルウェーとの4ウェイのトップグループの後ろで4.6の赤字で3番目のセグメントを開始しました。 多大な努力をした33歳のアキトは、2位の最終レグで山本を送り出した。 ドイツは、3度のオリンピック金メダリストであるエリック・フレンツェルが中国に到着したときにCOVIDの検査で陽性を示した後、孤立から抜け出したばかりで、3番目のレグを4番目に終えました。 最後の2つのレグで、ノルウェー人はノックアウトの組み合わせを、大きなヒルシルバーメダリストのイェンスルラーアスオフテブロが3番目のレグをスキーし、大きなヒルチャンピオンで通常のヒルシルバーメダリストであるヨルゲングラバクに引き渡しました。 ゲームの早い段階で、個々の通常の丘のクロスカントリーセグメントで、山本のジャンプの腕前は彼に38秒のリードを与えましたが、それでも彼は14位で1:46.6のペースでフィニッシュしました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。