News Technology

日本のトップ体操選手内村航平が引退する

日本の2度のオリンピック男子オールラウンド金メダリストと6度の個人総合世界チャンピオンの体操選手「キング」内村航平は火曜日に彼の経営陣を通じて引退を発表しました。 怪我のために妨げられたものの、33歳の国際的なキャリアは、史上最高の男性体操選手の1人と見なされています。彼は2021年の体操の主要なイベント、東京オリンピック、世界選手権の両方で表彰台を逃した後、怪我を負っていました。 昨年7月、彼は他の難しい鉄棒要素、特にHレベルの「ブレッチナイダー」で4回目のオリンピック選考を獲得しましたが、肩の問題が続いたため、東京オリンピックで早期に退場しました。 彼は2ヶ月後、彼が生まれた日本の南西部の都市、北九州で開催された世界選手権で、鉄棒決勝で6位に終わった。 2012年ロンドンオリンピックと2016年リオオリンピックの内村は、ボールト、フロアエクササイズ、スチルリング、平行棒、あん馬、鉄棒など、個人の総合タイトルを獲得しました。当時、リオでは、彼は金メダルを獲得したチームの一員でもありました。 内村航平は、リオデジャネイロが日本初のプロ体操選手になった直後、左足首を負傷した後、2017年の世界選手権から撤退しなければならなかったため、7年連続の世界陸上競技タイトル獲得の試みをあきらめました。 2018年の全国大会で3位に終わった彼は、2008年の全国選手権から2017年のNHK杯まで、国内の総合体操チャンピオンとしての10年間の記録を終えました。彼はまた、右足首靭帯損傷を負っていました。同じ年に、彼は世界選手権での個々のオールラウンドなイベントに参加することを妨げました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。