News

日本の毎日のCOVIDケースは30,000を超えます

共同通信のカウントが示すように、火曜日のコビッドの症例は、昨年8月に入隊した過去の記録である25,992を驚かせて、興味深いことに3万件を上回った。 その日、大阪府西部では、5,396件の新しいCOVID-19感染が明らかになり、週末の1日あたりの最高値である3,760件をはるかに上回りました。 最近、オミクロンの変動が急速に広がったため、日本のさまざまな地域が記録的なコビッド病から驚異的になっています。 東京都は火曜日に5,185件の新たな汚染を確認し、8月21日から興味深いことに5,000件を上回り、7日後の5倍以上に拡大しました。 新しい事件の洪水のために、東京とさまざまな地域は、主要な政府が彼らを半非常に敏感な状況に置くことを要求しています。都道府県の境界を越える。 岸田文雄首相は、自民党が主導する公的機関の集会に出席し、「さまざまな都道府県がこの行動に言及しており、迅速に解決したいと思うかもしれない」と述べた。 日本のトップCOVID-19カウンセルである尾身茂は、感染状況と重要な反応について岸田と会いました。 「オミクロンのバリエーションは明らかに既存のバリエーションとまったく同じではありません。その属性に合った強力な長さにすることは極めて重要です」と近江は集会の後で特派員に語った

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。