News

日本は女性のアジアカップクォーターファイナルでその地位を確保

日本の女子サッカーチーム、2度のディフェンディングチャンピオンは、成宮唯がベトナムに3-0で勝利し、各ハーフでゴールを決めた後、インドの女子アジアカップの準々決勝でその地位を確保しました。 2試合で最大6ポイントを獲得した日本は、グループCの上位2チームの1つとして、来年のワールドカップの予選を兼ねるトーナメントのノックアウトステージに進むことが保証されています。 38分58分、INAC神戸レオネッサのMF成宮がネットを見つけ、ハーフタイム直後に熊谷紗希がゴールを決めた。 池田太監督は、日本がミャンマーを5-0で解体した後、先発で熊谷、清水理沙、田中美南のみを残した。 成宮が至近距離から得点を挙げたが、ベトナムのキーパー、トラン・ティ・キム・タンがディフェンダーの高橋はなからシュートを放った後、転向。 バイエルン・ミュンヘンのスター、熊谷は後半、田中のヘディングが木工に当たった後、最初に反応した5分でリードを2倍にした。 第3ゴールのキャプテンはコーナーキックをマークのないナルミヤに向け直した。ナルミヤはエリアの真ん中からホームに放った。 日本は木曜日、他の無敗のグループC側である韓国と対戦し、グループのトップの座を賭けます。 開催国であるインドは、プレイヤー間のCOVID-19の発生によりトーナメントに大きな打撃を与えましたが、グループAの対戦相手である台湾とチームを戦うことができなかったため、残りの試合はキャンセルされました。 一方、インドを巻き込んだパンデミックの際に大会を主催するために特別に起草されたアジアサッカー連盟の規則に従ったすべての試合は無効と宣言されました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。