News

日本は米国を打ち負かすことで女性のカーリング準決勝が盛り上がる

水曜日、日本は、最後から2番目のラウンドロビンゲームで10-7の前に、4ポイントのリードを打って米国に勝ち、北京冬季オリンピックの女子カーリング準決勝に進出する可能性を秘めています。 勝利により、藤澤五月とチームロコソラーレは北京国家遊泳中心で5-3の10チームラウンドロビンで3位になり、上位4位が準決勝に進みました。 トーナメントリーダーのスイスとの残りの予選ラウンドでの日本の勝利は、金曜日に始まるノックアウトフェーズでの場所を保証します。 2018年の銅メダリストは、2回連続で敗れた後、トーナメントで生き残るために勝利を必要としているアメリカのチームに対して、早い段階で軌道に戻りました。 日本はハンマーから始めて、藤沢が最後のスローでヒットアンドロールで3つのアメリカのカウンターを中和したとき、オープニングエンドで1を獲得しました。 次の終わりに北海道の北見市からのチームは、アメリカ人のスキップタビタピーターソンが家への混雑した道をナビゲートしようとして彼女自身の警備員によって失敗した後、4-0のリードに飛び出しました。 3番目のアメリカ人は2エンダーでボードに乗りました、しかし、日本は運転席にとどまるために彼ら自身の2でまっすぐに反撃しました。 チームがハンマーでそれぞれ1つずつ交換した後、5番目と6番目の終わりに、米国は7-7でゲームを結び、4ポイント7でコンテストに反撃しました。 8回目、鈴木は重要なダブルテイクアウトを行い、日本が2得点を挙げて勢いを取り戻す道を開いた。日本は9分の1を奪い、10-7でリードし、最終的には米国の復帰への期待を吹き飛ばしました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。