News

朝鮮時代のアートワーク「ピョンセンド」をデジタル形式で

韓国国立中央博物館のウェブサイトでは、朝鮮時代の人々が想像した理想的な生活の場面をデジタル形式で描いた「平城堂」と呼ばれる8枚の屏風の絵が公開されています。 19世紀後半から20世紀初頭に完成したと考えられている絵画は、デジタル8パネルの屏風形式で復元されています。 「ピョンセンド」について 絵画は、学者の役人の生活から生じた詳細な主要なお祝いの機会を示しています。ドルチャンチ、つまり1歳の誕生日のお祝い、村の結婚式、ファンガプジャンチと呼ばれる60歳の誕生日のお祝い、公職を辞めた後のリラックスタイムなどのプライベートな行事が表示されます。 屏風はまた、国家試験の合格を含むいくつかの象徴的な公の場を示しています。 情報筋によると、この国や近隣の東アジア諸国には、聖人や有名人の生活を描いた似たような絵がありますが、「平城堂」のジャンルは、上流階級。 博物館は、元の作品の欠けている部分がデジタル技術を使用して埋められたと報告しました。一部の変色や汚染された部分も、可能な限り本来の色に近づけて復元されました。 それは、継続的な復元プロセスにあるデジタル復元のメリットに対処しました。これにより、新しい研究で新しい詳細が明らかになったときに、必要に応じて作品を変更し続けることが可能になることを意味しました。 NMKの芸術研究者であるヤン・スンミ氏は、朝鮮の生活や文化は外国人にとっては(今日とは)大きく異なるように聞こえるかもしれないが、人々の生活をテーマにアプローチすることで、より親しみやすくなるとコメントした。 彼は、6ピースから12ピースのセットまで、多くのバージョンの絵画が入手可能であることが、デジタル復元の研究に役立っていると述べました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です