News

米国はウクライナ人を国外追放から守ることを決めた

米国は、ロシアの攻撃がウクライナから膨大な数の個人を追い出し続けているので、現在同国にいるウクライナの住民を除去から守っています。
米国国土安全保障省(DHS)は木曜日に、ウクライナの「進む家具付き闘争と前例のない非常事態」のために、短期の保護状態(TPS)をウクライナ人に長い間拡大していると述べた。
移住推進者と米国議員がジョー・バイデン大統領に接近し、アンダースタディーやゲストのような非恒久的な前提で米国にいるウクライナ人を守るために選択した。
DHSのアレクサンドロ・マイヨルカス長官は、この決定を伝える文書の中で、「ロシアがウクライナに対し計り知れない好戦的な態度で攻撃を加えようとしたため、引き続き紛争が起こり、愚かな悪意が生じた。ウクライナ国民は他国に避難を求めざるを得なかった」と述べた。
「このような例外的な時期に、私たちは米国のウクライナ人に対して引き続き支援と安全を提供していきます。

上院多数派のチャック・シューマー党首は、TPSの指名を強く求めていたと述べ、この宣言を歓迎しました。「米国はウクライナの個人と共に残っている。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。