News

羽生結弦が早期敗北に直面:ネイサン・チェンが金メダルを獲得

火曜日の日本の羽生結弦は、オリンピックのフィギュアスケートで3回連続の金メダルを獲得したことで、早い段階で失望に直面しました。アメリカのネイサンチェンは、世界記録のショートプログラムで北京オリンピックの男子シングルスとしての地位を強調しました。 3度の世界チャンピオンである陳が大会をリードし、日本チームの銅メダリストである鍵山優真と宇野昌磨がそれぞれ2位と3位で、羽生は大会初日から8位を獲得しました。 ショートプログラムの22歳のチェンは113.97ポイントを獲得し、2020年の四大陸で羽生が設定したセグメントの以前の世界記録111.82を破りました。 27歳の羽生は、彼の最初の計画されたジャンプ、4倍のサルコウで、彼の個人的なベストをはるかに下回る95.15のスコアに向かう途中で、氷の上でスケートをキャッチしたように見えました。 彼は、1928年のスウェーデンのギリスグラフストロム以来、3回連続のオリンピックで金メダルを獲得した最初の男子フィギュアスケート選手になることを目指しています。 チーム大会では、鍵山がフリースケーティングの200ポイントの壁を破った3人目の人物となり、マイルストーンを達成した唯一のスケーターとして羽生と陳に加わった。 火曜日のショートプログラムで18歳の2021年世界選手権準優勝の鍵山は、個人ベスト108.12で彼の力強いフォームを続けました。彼はクアッドサルコウでミスのないルーチンを開始し、その後にクアッドトウループとトリプルトウループのコンビネーションジャンプが続きました。 平昌オリンピックの銀メダリスト、宇野が個人ベスト105.90でスケートをしている間、5つのグループのうち4つで大会をリードしました。 報道によると、羽生は木曜日のフリースケーティングで、これまで競技に上陸したことのない、とらえどころのない四重アクセルを試みることが期待されている。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。