News

防弾少年団がガオンチャートミュージックアワードで8つ以上の賞を受賞

韓国と世界的に有名なk-popボーイグループBTSは、昨年リリースされたアルバムと曲の成功と、このアクトの絶大な人気により、第11回ガオンチャートミュージックアワードで8つ以上の賞を受賞しました。 今年、セプテットは、デジタルミュージックカテゴリーのアーティストオブザイヤーの3つのトロフィーとフィジカルアルバムカテゴリーのアーティストオブザイヤーの1つのトロフィーを含む、すべての歌手の中で最も多くの賞を受賞しました。 報道によると、この賞は、毎月チャートを上回った12のデジタル曲と、2020年12月1日から昨年11月30日までの四半期ベースで最も売れた4つの物理的なアルバムに与えられます。 昨年5月と7月のベストソングはチャート統計に基づくグループの曲「Butter」と「PermissiontoDance」に選ばれ、ブリティッシュロックバンドColdplayとのグループコラボレーションシングル「MyUniverse」がベストに選ばれた。 9月の歌。 「バター」も第3四半期のベストフィジカルアルバムに選ばれました。 ボーイグループは、今年の音楽の安定した売り手、今年のソーシャルホットスター、MuBeatの世界的な選択、曲「ダイナマイト」の今年の小売アルバムなど、他の4つのカテゴリでトロフィーを授与されました。 ソロアーティストのIUは今年2番目に多くの勝利を収め、昨年の1月、3月、10月にそれぞれ「セレブリティ」、「ライラック」、「ストロベリームーン」がベストソングに選ばれました。彼女はまた、今年の作詞家とその年のレコードプロデューサーに対して2つの追加の賞を受賞しました。 上記のアーティストに加えて、イ・ムジンとイ・チャンウォンはそれぞれ「今日の香り」と「コンビニエンスストア」でルーキーオブザイヤーを受賞しました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。