KOCCAは「光の時代」文化プロジェクトの第2部を紹介します
News

KOCCAは「光の時代」文化プロジェクトの第2部を紹介します

韓国文化体育観光部と韓国コンテンツ振興院(KOCCA)は金曜日、没入型文化プロジェクト「光の時代」の第2部である「江華島」を発表しました。 エージェンシーによると、「5Gネットワ​​ークからの光の時代」をテーマにした展示会、没入型メディアアートガーデン「光華ウォン」、人工知能体験ブース「光華院」がソウルメトロアートセンターに公開されました。京保雲駅にあります。 「江華ウォン」について それは訪問者が忙しい都市生活からリラックスして回復するための仮想的な場を提供します。 104平方メートルの敷地には、生命の光、コミュニケーションの光、永遠の光の3つのテーマの下で、5Gネットワ​​ークテクノロジーを使用した8つのメディアアート作品が展示されています。 韓国南東部の慶州とソウルの漢江のリアルタイムの風景を、実際の気象条件に応じた視覚効果と音響効果で表現しています。 訪問者は、英国を拠点とするデジタルアートおよびデザインスタジオであるUniversalEverythingとドイツのビジュアルアーティストであるTimoHelgertのメディアアート作品も見つけることができます。 「グァンファイン」について 360度コンテンツの3D技術を使用して作成され、深層学習ベースの技術によってプログラムされた人間のAIモデルのガイダンスによる展示では、光化門周辺の文化遺産や観光名所に関する情報が提供されます。 訪問者は俳優のリー・スンジュン、SHINeeのミンホが韓国語でガイドし、アメリカのトロット歌手のマリアが英語で展示会をガイドします。 国の文化省とKOCCAは協力して、光化門地域で一連の没入型プログラムを開催し、訪問者に歴史的、文化的、芸術関連のコンテンツを提供することを目指しています。 KOCCAによると、プロジェクトの最初の部分は先月12月17日に始まり、バーチャルリアリティステージでのリアルタイムパフォーマンスが行われました。プロジェクトのさらに2つの部分が2月4日と2月25日に発表される予定です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。