日本映画「ドライブ・マイ・カー」がゴールデングローブ賞を受賞
News

「ドライブ・マイ・カー」が毎日映画コンクールで最優秀映画賞を受賞

濱口竜介監督、村上春樹短編小説を原作としたセリフを中心としたドラマ「ドライブ・マイ・カー」が、第76回毎日映画コンクールで最優秀作品賞を受賞。受賞作品の中には、テーマに災害が含まれているものもありました。 「DriveMyCar」は、演劇プログラムの多言語劇を監督する際に、妻が亡くなったときの喪失感に同意する演劇俳優を描いています。浜口も最優秀監督賞を受賞し、その見事な演出が高く評価された。 この映画は、カンヌ映画祭で最優秀脚本賞を受賞し、米国のゴールデングローブ賞で英語以外の言語の最優秀作品賞を受賞したことで、国際的に高く評価されています。 もう一つの映画「すばらしき世界」は、西川美和が優れた日本映画でアナワードを受賞しました。この映画は、佐木隆三のノンフィクション本を翻案したもので、刑務所から釈放された後、正直な生活を送ろうとしている男性を取り巻く社会情勢を探っています。 この映画はまた、仲野太賀が最優秀助演俳優を受賞し、笠松則通が最優秀撮影賞を受賞し、林正樹が最優秀映画音楽を獲得するなどの栄誉を授与されました。 2011年の東日本大震災とその後の混乱を探る「イン・ザ・ウェイク」で、被害を受けた青年としての説得力のある演技で佐藤健が最優秀俳優賞を受賞。 尾野真千子は、一連の不幸の中で人生を送っている母親の涼子を演じる「AMadderRed」で主演女優賞を受賞しました。この映画は、コロナウイルスのパンデミックの中での経済的格差など、今日の日本での生活に関連するテーマを扱っています。 最後に、新参者のためのスポニチグランプリは、マダーレッドの2人のパフォーマーに授与されました。映画で涼子の息子を演じる和田伊織がオーディションに参加し、涼子の友人を演じる片山友希がオーディションに参加した。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。