韓国の小売売上高は11月に上昇します。 9.6%
News

韓国がNETFLIXに第2位のコンテンツプロバイダーをランク付け

昨年の第4四半期に、韓国はNetflixへの人気コンテンツの第2のプロバイダーになると見られ、米国のオンラインメディアが報じました。 プライベートオンラインサイトによると、Netflixのコンテンツに関する情報を提供するWhat’s On Netflixは、水曜日(米国時間)に、2021年の最後の3か月で、韓国製の番組がトップ10の映画とテレビシリーズの11.8%を占めたと報告しました米国に次ぐ2四半期連続で59%で2位にランクインしました。また、数値はストリーミング分析会社FlixPatrolによるデータに基づいていると付け加えました。 9月17日以降に発売された大ヒット作「イカゲーム」などにより、第3四半期のシェア5.4%から急増した。 報告によると、2021年の第4四半期は、「イカゲーム」の登場により外れ値になる可能性があります。しかし、韓国のコンテンツは、ヒットシリーズに関係なく、チャートをゆっくりと上っていきます。 2020年の第2四半期以降、韓国は4〜6%のシェアを占めており、ゾンビスリラー「キングダム」シリーズやモンスターホラー「スイートホーム」(2020)などの人気のある韓国語のNetflixオリジナルがあります。 ディストピアのスリラーシリーズ「イカゲーム」は、その歴史の中で最も成功したNetflixショーになりました。リリースの最初の4週間で、総視聴者数は記録的な16.5億時間に達しました。 その後の2つのシリーズ、ファンタジーホラー「地獄が呼んで」とSFスリラー「静かなる海」も、英語以外のテレビ番組のOTTサイトの公式週次視聴チャートを上回りました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。