韓国の小売売上高は11月に上昇します。 9.6%
News

韓国の小売売上高は11月に上昇します。 9.6%

韓国政府は木曜日に、11月の小売売上高が前年比9.6%増加したと報告した。この増加は、毎年開催される全国的なショッピングイベントと、ウイルス対策の制限が緩和されたことによるものです。
産業通商資源部がまとめたデータによると、11月の大手オフライン小売業者25社とオンライン小売業者の合計売上高は13.66兆ウォン(115.4億米ドル)に達した。
成長は、国が11月1日から15日間毎年恒例のKorea Sale FESTAを開催し、2,000社を超える企業がオンラインと店舗の両方で大幅な割引を提供したことで実現しました。 FESTAは、韓国語でブラックフライデーに相当します。
小売売上高の概要-
•11月、オフラインストアからの売上は前年比4.6%増加し、オンライン小売プラットフォームは前年比14.8%の売上増加を記録しました。
•オンラインプラットフォームからの売上は2.3パーセントポイント増加し、同じ月の全体の51.4パーセントを占めました。
•11月の高級品は、32.9%の増加で、前年比で最大の売上を記録しました。
•これに続いて、サービスやその他の商品が19.7%増加し、家電製品や文化財が9.3%増加しました。
•報告月の百貨店は、11月1日から始まった「COVID-19で生きる」スキームの下で、さまざまなショッピングイベントや社会的距離のルールの緩和により、より多くの顧客を引き付けることができたため、売上高は18.3%増加しました。 。
•11月のコンビニエンスストアの売上高は、小型食品の需要が旺盛で、店舗数が6.7%増加しました。
•しかし、E-martやロッテマートなどのディスカウントチェーンストアの売上は、新しいウイルス対策キャンペーンの最中に外食やその他のサービスに出かける人々のために、先月10.3%の減少を記録しました。
•報告月には、小規模なスーパーマーケットの売上も前年比で6.3%減少しました。
•フードデリバリーサービスの人気と旅行パッケージの需要の高まりを背景に、サービス部門の売上高は36.4%増加しました。
•食料品の需要は19.9%増加しましたが、全国的なショッピングイベントによる電子製品やその他の家電製品の売上高は14.6%増加しました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。