日本は留学生が段階的に入学することを許可する可能性が高い
News

日本の冨田せながハーフパイプイベントで銅メダルを獲得

日本のスノーボーダー、冨田せなは木曜日、北京オリンピックでの2回目のランで88.25ポイントを獲得し、女性のハーフパイプブロンズを獲得しました。一方、アメリカのクロエキムは金メダルを獲得しました。 報道によると、キムは最初のランで印象的な94.00を記録し、このイベントでの優勝と2回連続のオリンピック金メダルを獲得しました。スペインのケラルトカステレットは、90.25回のライドで銀メダルを獲得しました。 富田はフロントサイド900で最高得点のランを開始し、フロントサイド1080で終​​了し、86.00でわずかに低いスコアの彼女の最初のランを効果的に繰り返しました。彼女のスコアを改善するための最後の試みの間に、彼女は最初の1080の試みに失敗しました。 しかし、初の金メダルを獲得して以来、大会に負けず、初の連続女子ハーフパイプオリンピックチャンピオンとなったキムは、強すぎて扱えなかった。彼女はなんとか2つの1080に収まり、残りの部分から分離されました。 2019年、22歳の彼女は、ワールドカップの最中に同じハーフパイプで頭をぶつけて墜落した後、脳挫傷を負い、まだこの会場を怖がっていると述べました。 富田は、オリンピックでハーフパイプメダルを獲得した最初の日本人女性になりました。 決勝でもう一人の日本人、冨田るきと小野光希はそれぞれ5位と9位でフィニッシュした。 小野は予選2位で決勝に進出したが、試合前に見せた形を再現することができなかった。 2020年のユースオリンピックの金メダリストは、水曜日に71.50のランを集めることができましたが、これは彼女が得点した83.75をはるかに下回りました。 セナの妹のルキは、大きなスコアを投稿するために最後の実行にそれを残しました。しかし、彼女の80.50は彼女を表彰台に引きずることができませんでした。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。