日本が初のスノーボードオリンピック金メダルを獲得
Science

日本が初のスノーボードオリンピック金メダルを獲得

日本の平野歩夢は、北京大会で男子ハーフパイプのタイトルを獲得し、スポーツ史上初のスノーボードオリンピック金メダルを獲得しました。 平野は3回目の走行で96.00ポイントを獲得し、トリプルコルク1440を含む見事なディスプレイで、ゲンティンスノーパークで92.50を獲得した後にシルバーポジションでフィニッシュしたオーストラリアのスコッティジェームズから彼を引き離すのに十分でした。 2014年と2018年の大会で平野はスノーボードハーフパイプシルバーを獲得し、スケートボードに切り替えて東京オリンピックに出場した後、この勝利は彼のルーツに戻りました。 スイスのヤン・シェーラーが銅メダルを獲得し、他の日本人アスリートの平野流佳が9位、戸塚優斗が10位、平野流佳が12位でフィニッシュした。 アユムのトリプルコルク1440は、オリンピック大会で最初に上陸し、各ランでそれを行いました。 ハーフパイプを下る彼の完璧な2回目の旅行は、金に値するように見えました。しかし、裁判官はそれが91.75に値するだけであると考え、アユムをジェームスに次ぐ2番目に残しました。 アユムは最後のランでトリプルコルク1440を再び完全に置き、さらに2つの1440と2つの1220を投入して金を獲得しました。 トツカは62.00と69.75を獲得した2つの堅実な走りをしました、しかし彼は裏側の1080の試みに落ちて、彼のdo-or-die最終旅行で空気を抜かれたパイプから乗り出しました。 カイシュウは75.50ランで好スタートを切り、2位につけましたが、ヒートが上がると改善に失敗しました。 ルカは予選ラウンドで87.00を獲得した後、3番目のトップ予選として決勝に進出しましたが、彼は同じ裏側の1220トリックで3回落ちました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。