ソウル株は、第1セッションで企業収益を上回って高値で終了
Uncategorized

ソウル株は、第1セッションで企業収益を上回って高値で終了

2022年の最初の取引セッションでの韓国株は月曜日に高値で取引を終えた。
企業収益への期待が高まる中、KOSPIは強気のスタートを切った。そして、キーインデックスは、技術と化学の進歩で3,000ポイントを一時的に上回りました。
深夜の主要な主要指数は、チャイナエバーグランデグループの株式が香港で停止されたという報告により、上昇を抑えました。
シンハン・インベストメントのアナリスト、チェ・ユジュン氏は、香港株が後退した後、KOSPI先物の外国人購入が減少したとコメントし、エバーグランデ事件がアジアの金融市場で投資家の注意を喚起したと付け加えた。
株式市場の概要-
•月曜日、ベンチマークの韓国総合株価指数(KOSPI)は11.12ポイント(0.37%)上昇し、2,988.77ポイントで取引を終えた。
•新年の開会式のため、取引は1時間後の月曜日の午前10時に開始され、午後3時30分に終了しました。
•取引高は約4億2900万株で約8.1兆ウォン(68億米ドル)に相当し、勝者は敗者を656対187で上回った。
•外国人投資家は270億ウォン、機関投資家は8150億ウォン、個人投資家は523億ウォンを購入した。
•国内のトップマーケットホルダーであるSamsungElectronicsのハイテク株は0.38%増加し、SK hynixの株は1.91%減少しました。
•LG化学株は0.49%上昇し、Samsung Biologics株は0.89%上昇しました。
•国のインテナートポータル、ネイバー株は0.66%下落し、サムスンSDI株は0.76%下落しました。
•米ドルに対する現地通貨は、前回の終値から3ウォン下落し、1,191.8ウォンで取引を終えた。
•債券価格は下落しました。
•3年物国債の利回りは5.7ベーシスポイント上昇して1.855%になり、ベンチマークの5年国債のリターンは6.9ベーシスポイント上昇して2.080%になりました。
専門家によると、今年のKOSPIは3,480ポイントまで上昇し、2021年に設定された史上最高の3,305ポイントを超えると予想されています。
最近、KRXは、10億ドル以上の価値がある民間企業であるユニコーンを引き付けるために改訂された規則を展開しました。これは、地元の電子商取引の巨人クーパンが地元の取引所ではなくニューヨーク証券取引所にデビューした後に発効しました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。