Relaxed Masking Rules,
News

社説:緩和されたマスキングルールで、日本で子供たちの笑顔を見る時が再び来ました

 

日本の文部科学省は、コロナウイルスの蔓延に対する予防策として、子供たちがマスクを着用する必要がない学校生活の状況の例を発表しました。

子どもたちの間に十分なスペースがあれば、体育の授業やクラブ活動、通学の際にマスクを着用する必要はありません。また、自然観察や屋外でのスケッチなど、会話がほとんどまたはまったくない場合もマスクは必要ありません。タグ付けのような、通常は混雑しないゲーム。

政府は、マスク政策の全体的な変化に基づいて、成人を含む学校向けの新しいマスクガイドラインを作成したと述べた。

日本の典型的な夏を特徴付ける高温多湿の条件でマスクを着用すると、熱射病のリスクが高まります。これは、大人のようにまだ汗をかくことができず、体が熱を帯びやすくなっている子供に特に当てはまります。文部科学省は、マスクの着用よりも熱射病予防を行うよう人々に促した。

政府は以前、適切な社会的距離が維持されている限り、マスクは必要ないと述べていました。しかし、学校は厳格な感染防止対策を講じる必要があるため、マスクの着用が一般的になっています。多くの場合、学生は屋外ジムのクラスでマスクを着用する必要があります。

子供とその保護者はマスクを着用する態度が異なるため、教師がすべての生徒にマスクを外すように指示することは困難です。多くの学校が、暑いときにマスクを脱ぐことができると生徒に言っていますが、どうやら子供たちも躊躇する傾向があります。

混乱を避けるために、学校や教育委員会は、マスクが不要な場合は子供とその親に注意深く説明する必要があります。また、子供を飼いたい子供に仲間からの圧力がかからないように注意する必要があります。

一部の観察者は、マスクを長期間着用すると子供の発達に影響を与える可能性があることを心配しています。人々は、言語だけでなく、顔の表情を通して、他の人がどのように感じているかを推測します。他の人の顔のほとんどがマスクで覆われているため、子供たちはこの暗黙のコミュニケーションの形を学ぶことを逃す可能性があります。

パンデミックの最後の2年間、子供たちはひどく減少した友人と遊ぶ機会がありました。このつながりの喪失の結果として、ますます多くの子供たちが精神的および肉体的な問題を訴えると指摘する人もいました。子供の頃の一部を切り取ることの心理的影響に注意を払う必要があります。

日本の感染症は地域によって異なります。全国の子どもたちの日常生活が徐々に正常に戻り、再び顔が見えるようになることを願っています。

続きを読むニュース:元大統領フアン・オルランド・エルナンデスの引き渡しがホンジュラスに伝えられた

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。