Japan Education Minister Asks Children To Remove Masks
News

日本の文部科学大臣は、熱中症のリスクが高まるにつれて、子供たちにマスクを外すように頼みます

東京—末松信介教育相は、5月24日の閣議後の記者会見で、天候が暖かくなり、熱脳卒中のリスクが高まるにつれて、子供たちは夏に学校に出入りする途中でマスクを外すように言われるべきだと述べた。

末松氏は、コロナウイルス対策として「マスクを着用する時期と着用しない時期を区別してください」と述べ、体育の授業では屋内でもマスクを着用する必要がないことを強調した。「感染管理と教育のバランスを取ることが重要であるだけでなく、熱射病の予防は生と死の問題です」と彼は付け加えました。

同日、教育省は郡教育委員会およびその他の機関に方針に関する通知を発行しました。

政府が最近改訂した基本的なコロナウイルス対応方針は、夏には熱射病予防対策を優先すべきであり、身体活動中にマスクは必要ないことを明確にしています。クラスで、または人々が社会的に遠ざかっているとき。教育省は、学校でのコロナウイルス対策をまとめた「健康管理ハンドブック」で同様の回答を求めています。オブザーバーは、体育の授業中に生徒がマスクを着用する必要がある場合を指摘した。親切。

末松氏は記者会見で、子供たちは学校に行ったり来たりするときにマスクを脱ぐべきであるが、道路で話すことも避けるべきだと強調した。彼は、プールや体育館を含む体育の授業ではマスクは必要ないと付け加えた。

続きを読むニュース:引き渡し元大統領フアンオルランドエルナンデスはホンジュラスに私たちに話します

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。