Masks Outside Not Always Needed When Not Chatting
News

チャットをしないときは外のマスクは必ずしも必要ではない:日本政府のパネル

 

 

日本政府のCOVID-19対策に関する専門家委員会は木曜日に、十分な社会的距離を維持できなくても、人々が話をしていないことに注意して、マスクが必ずしも屋外で必要とされるとは限らない、と述べた。

パネルによると、岸田文雄首相の政府は金曜日にその政策を発表するだろうと当局者は言った。

日本のコロナウイルスのトップアドバイザーである尾身茂が率いるグループはまた、生徒が体育や休憩中に距離を保っている限り、屋外でマスクを着用する必要はないと述べた。

保健省の専門家団が屋外でマスクを着用する必要性についての姿勢を表明したのはこれが初めてである。海外でのCOVID-19ワクチン接種が進むにつれ、マスクの要件は緩和されており、コロナウイルスと戦うために顔の覆いをどのくらいの期間着用するかについて一般の人々が議論しています。

日本の松野官房長官は先週、社会的距離が保たれている限り、夏が近づくと熱射病のリスクが高まるため、コロナウイルスを防ぐために屋外でマスクを着用する必要はないと述べた。

同グループは木曜日の会議で、混雑した公共交通機関では引き続きマスクを着用し、混雑したり外で話したりする場合はマスクを着用する必要があると述べた。

このグループは2月に、2歳以上の未就学児がオミクロンの亜種が蔓延する中でマスクを着用することを推奨しました。しかし、近江氏は、顔の表情が読みづらいために、熱に関連する病気や発育阻害を引き起こす可能性があると懸念していると述べた。

近江氏は、マスクを一律に必要としないことへの「戻ることを考える時」だと述べた。

続きを読むニュース:米国のCOVID状況に関するすべ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。