Anti-Vaxグループが新たな料金でヒット
News

2番目の東京接種サイトに侵入したことでAnti-Vaxグループが新たな料金でヒット

東京— 6月2日、警察は、ワクチン接種防止グループの神真都Qのリーダーとそのメンバーの何人かが、東京の新宿地区にある子供向けのCOVID-19ワクチン接種サイトに強制的に侵入したとして新しい逮捕状を発行しました。

神真都Qの倉岡裕之容疑者(43)と他の4人のチームメンバーは、4月7日に東京の渋谷地区にある別の予防接種サイトに侵入したとしてすでに起訴されています。

今回の事件では、警視庁の公安局が再び首都太田地区在住の倉岡容疑者と同グループの数名を不法侵入で起訴した。捜査筋によると、警察は、新宿区戸山の元気館公立球場の子供たちの予防接種現場に、午後1時過ぎにヤマトQのメンバーが侵入したとみている。3月29日。

新宿区の関係者は毎日新聞に、入口で止めようとしたスタッフを押した後、神真都Qのメンバーと思われる20人以上が会場に押し入ったと語った。伝えられるところによると、彼らは「(子供たちに)注射させないでください」と言いながら医療スタッフを囲んだ。

現場に到着した警察はその後、メンバーに立ち去るように説得したが、ワクチン接種は約1時間停止され、約20人の子供たちに影響を及ぼした。

4月7日の渋谷での事件で、倉岡と他の7人のYamatoQメンバーが、子供向けのCOVID-19ワクチン接種サイトとして機能するクリニックに侵入したとして逮捕されました。倉岡ら4人が起訴された。

続きを読むニュース:日本の1日あたりのCOVID症例数は30,000を超えています

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。