フィアンセとコモンローパートナー
News

日本は拡大家族、婚約者、内縁関係のパートナーによる訪問を許可しています

日本の1日あたりの入国上限が2万人に引き上げられ、同国に住む親戚を訪ねたい外国人や、居住者と婚約中または同居している外国人が入国できるようになりました。

最新の変更は、限られたタイプの親戚が最近訪問することができたばかりの日本の外国人コミュニティにとって大きな前進を表しており、パンデミックの大部分の間、原則としてそのようなすべての入国はブロックされています。

水曜日に、政府は「例外的な状況」の下で許可された人々のリストを拡大し、居住者を訪問する拡大家族を含めた。民法によれば、親族は配偶者、6世代以内の血縁者、3世代以内の結婚による親族と定義されています。

改正前は、家族訪問は日本人と永住者とのファーストクラスとセカンドクラスの親族、および永住者(居住外国人)とのファーストクラスの親族に限定されていました。

過去3か月ほどで、1日の入国上限が徐々に引き上げられてきたため、政府は「特別な状況」にある人々の定義を拡大してきました。

政府によると、婚姻関係者や内縁関係者など、日本人居住者と関係のある人も入国できるという。外務省によると、ビザを申請する際には、婚約の証明など、関係の証明を提出するよう求められます。

司法省当局者は、親族と同等の関係には「同性結婚のパートナーが含まれる可能性がある」と述べ、政府はケースバイケースで判断を下すと付け加えた。

葬儀や結婚式のために日本に来る必要がある人、または病気の住民を訪問する必要がある人も入国できます。日本で治療が必要な生命を脅かす患者も入室できます。

しかし、外務省当局者によると、愛する人々は最新の改訂には含まれていませんでした。

日本の居住者は、招待状に記入し、訪問者が検疫(必要な場合)および必要に応じて社会的距離やマスクの着用などのCOVID-19対策を遵守することを保証するという誓約に同意する必要があります。また、訪問の目的が観光ではないことを確認する必要があります。

水曜日から、コロナウイルスの症例が少ないと見なされる98の「青い」国の人々は、日本に到着したときに検疫とCOVID-19検査を免除されますが、ウイルスのリスクが高い99の「黄色の」国の人々は、日本では低いと見なされます-ミドルは3発のショットを受け取った場合は免除されます。

6月10日から、ガイド付きツアーのインバウンド観光客は入場できますが、予定されている旅程を順守する必要があります。

時事通信社によると、日本はまた、7月から1日あたりの入場制限を3万に引き上げるか、完全にキャンセルすることを検討している。

続きを読むニュース日本が北京オリンピックのノルディック複合リレーで銅メダルを獲得

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。