モデルナショット後の女性によく見られる
News

モデルナショット後の女性によく見られる皮膚の発疹、日本の研究によると

女性は、一般に「現代の腕」と呼ばれるものの一部である米国の製薬大手が製造したCOVID-19ワクチンのワクチン接種を受けた後、男性より5.3倍発疹を発症する可能性があります。国防軍中央病院が発見されました

米国およびその他の国では「COVIDアーム」としても知られているワクチン接種されたアームの腫れ、痛み、および/またはかゆみも、30〜60歳の人々に多く見られ、若い成人にはあまり起こりません。この研究は木曜日にJAMA皮膚科で発表されました。

この皮膚反応は通常、Moderna注射の約7日後に現れ、約4日間続きますが、なぜそれが起こるのかは不明です。皮膚反応は他の病気のワクチンで起こりますが、それらははるかに一般的ではありません。

東野敏英率いる研究者は、2021年5月から2021年11月の間に東京の大手町地区の集団予防接種センターでModernaワクチンの2回目の接種を受けた5,893人の回答を分析しました。参加者は、同じワクチンメーカーから、4〜6週間前に受けたワクチンの初回投与について尋ねられました。

参加者の12.7%が、医学的には「遅延した大規模な局所反応」(DLLR)として知られる発疹があると述べたことがわかりました。しかし、性別には明らかな違いがあり、男性の5.1%と比較して、女性の22.4%がこの病気に苦しんでいます。

この発疹は、他の国の人々よりも日本人に多く見られるようです。以前の研究では、DLLRは、ドイツの人口の0.16%と比較して、米国の女性のモデルナ受信者の1.1%によって報告されました。

9月に東京の大手町エリアで自衛隊が運営する集団予防接種センター| 共同通信

自衛隊の医師は、これは日本のワクチン接種者が皮膚の症状をより認識しており、他の国よりも多くの報告につながっているためかもしれないと述べた。

日本でのモデルナの展開は、米国での展開から約6か月後の2021年5月に始まり、COVIDアームの発生は医療専門家やメディアによって広く報道されました。

女性の発疹は後で始まり、より長く続いた、と研究者達は言った。体重だけでなく、ホルモンや環境の要因も、性別の違いを部分的に説明している可能性があると彼らは述べた。

「私たちの研究が、ワクチンに対する他の以前のアレルギー反応とは臨床的に異なるDLLRのメカニズムを明らかにし、副作用の少ないワクチンの開発につながることを願っています」と研究者らは述べた。

続きを読むニュース: 日本は女子カーリング準決勝を後押しするために米国を打ち負かしました

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。