夫婦が家系の名前を維持するために法的な異議申し立てを開始する1
News

家系の名前を維持するための法的挑戦を開始する夫婦

裁判所が結婚の法的地位の確認を拒否した後、夫婦は夫婦に対する日本の公式の単一の名前の方針に異議を唱えるための法的措置を準備しています。

6月13日、映画監督のCao TianYiboと映画プロデューサーの柏木規与子が東京都千代田区政府に正式な結婚通知を提出しましたが、同日拒否されました。解雇の理由は、結婚後も1つだけでなく、2つの名前を使い続けるかどうかを確認したためです。

彼らが4年前の最後の試みの後、同じ事務所に結婚証明書を提出したのはこれが2度目です。

彼らの申請は日本の法制度の下で却下されることが期待されていたが、それは夫婦が地元の区に文書を受け入れるように命じる東京家庭裁判所に請願書を提出する道を開いた。

柏木とソーダは1997年にニューヨークで結婚し、それぞれの名前を保持しています。

日本人が海外で結婚する場合は、居住国の日本外交官庁に婚姻届を提出する必要があります。

しかし、現在の日本の法律では、結婚を登録するために自分の名前を選択する必要があることを知っていたため、ペアはそうしませんでした。彼らは、日本が最終的には世界の他の地域に続いて、夫婦に二重の名前のシステムを導入することを期待していました。

日本の公式結婚登録簿では、夫婦が結婚するときに使用する名前(夫または妻)を示すためにボックスにチェックマークを付ける必要があります。

2018年に提出したとき、両方のボックスにチェックマークを付けました。

地方政府は、民法および戸籍法を理由に登録を拒否した。民法第750条は、夫婦は単一の名前を使用しなければならないと規定しているが、戸籍法第74条は、結婚登録手続きについて同様の規定を持っている。

夫婦は、東京地方裁判所での結婚の法的地位を確認するために州を訴えるために法的措置を取りました。

裁判所は2021年4月の判決で、彼らの結婚は日本でも有効であると述べた。しかし、原告はこの問題を家庭裁判所に持ち込むべきだと言って、彼らの結婚の法的地位を確認することはできません。

最高裁判所は3月に同様の訴訟を裁定しましたが、それでも彼らが結婚していることを正式に証明することはできませんでした。

これは、さまざまなレベルの政府官僚機構に対処するときに、カフカエスクの悪夢につながる可能性があります。

柏木氏は、2001年に米国領事館の日本人従業員が、夫の名前と名前が異なるために米国に戻ったときに配偶者ビザの申請を拒否したことを覚えています。

続きを読むニュース:ニュースナビゲーター:日本の太平洋岸沖の海溝で予測される巨大地震は何ですか?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。