岸は日本近郊の中国の軍事演習について懸念を表明
News

岸は日本近郊の中国の軍事演習について懸念を表明

シンガポール-岸信夫国防相は、日本列島近くでの中国とロシアの爆撃機間の最近の合同軍事演習についての彼の「重大な懸念」を中国のカウンターパートに伝えたと述べた。

岸氏は先月行われた訓練は、日本を威嚇することを目的とした挑発的な軍事的示威活動であると述べた。

軍事演習は、5月24日に日本、米国、オーストラリア、インドの指導者が東京に集まった日米豪印戦略対話と同時期に行われました。

コメントは、岸が6月12日の会議後の魏鳳河との1時間にわたる会議の内容の一部を記者と共有したときに出された。これは、2019年12月以来の両国の最高防衛当局者間の最初の対面会議である。

緊張にもかかわらず、大臣はまた、いくつかの共通点を見つけることができました。

「魏と私は、両国の防衛当局が対話と交流を強化すべきであることに同意した」と岸氏は述べた。

岸氏は、英国の国際戦略研究所が主催し、朝日新聞など他の組織が支援するシャングリ・ラダイアログと呼ばれるアジアの安全保障サミットに出席するためにシンガポールを訪れています。

彼らの会談は多国間会合の傍観者として行われた。

岸氏はまた、日中会合で、ロシアのウクライナ侵攻は、現状を変え、国際秩序の基盤を侵食するための一方的な力の行使に相当するため、「完全に容認できない」と述べた。ヨーロッパだけでなく、アジアでも。

彼は、中国が国連安全保障理事会の常任理事国であることを考慮して、中国に「責任ある役割を果たす」よう促した。

北京はロシアの侵略を非難することを避けてきた。

岸はまた、中国に地域安全保障の分野で「厳しい抑制」を示すよう求め、北京が尖閣諸島周辺の海域を含む東シナ海の現状を変えようとしている可能性があると非難した。日本が支配し、中国が主張する無人島。

彼はまた、台湾海峡の平和と安定は「日本だけでなく国際社会にとっても非常に重要である」と主張した。

南シナ海での北京の活動について、中国は国際社会の懸念に真摯に耳を傾けるべきだと述べた。

続きを読むニュース:日本の米海軍将校が致命的な事故で刑務所に直面

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。