オリンピック招致に対する東京と札幌での小規模な抗議
News

オリンピック招致に対する東京と札幌での小規模な抗議

2030年冬季オリンピックを主催するという日本の提案に反対するために、日曜日に東京の中心部と札幌の北部の都市に抗議者の小グループが集まった。

通過する人々に彼らの見解を知らせるために、「オリンピックなし」と書かれた旗を掲げて、各場所に約50人が集まった。

札幌は、ソルトレイクシティやバンクーバーと並んで、2030年のオリンピックに上陸するホットスポットの1つと見なされています。3つの都市すべてが過去の冬季オリンピックを主催しました。

先週、札幌市議会は、この問題に関する市全体の国民投票を開催するという提案を拒否した。公の投票を行った都市は通常、提案を拒否します。

札幌の当局者は、世論調査で52%の人々が入札を支持したことを示した後、国民投票の必要はないと述べた。

街を歩いた後、札幌在住の久保有希さんは「高額だ」と語った。「人々は苦労している。今はオリンピックでお金を無駄にする時ではない。」

オリンピック招致が一貫して予想を上回っていたにもかかわらず、札幌当局は費用を26億ドルと見積もっていた。

札幌は、1972年のオリンピックの施設の一部と、1998年の長野冬季オリンピックの会場を利用したいと考えています。

開催されたばかりの東京オリンピックの公式費用は136億ドルで、当初の見積もりの​​2倍でした。さらに、いくつかの政府監査は、実際の費用が公式の数値よりもはるかに高い可能性があることを示唆しています。約60億ドルを除くすべてが公的資金です。

抗議者の市村美佐子氏は、東京の新宿駅の近くで、「東京には、返済しなければならない巨額の借金があるので、オリンピックはまだ終わっていない」と述べた。

東京オリンピックへの反対は常に存在し、それは大会が1年以内に開かれたときに消え去り、パンデミックの間はほとんどファンが参加できませんでした。

札幌の入札は、ほぼ確実に日本の与党自由民主党と企業の利益によって裏付けられるだろう。IOCはまた、追加費用と地元の主催者のチケット収入の10億ドル近くの潜在的な損失にもかかわらず、東京オリンピックを主催するために日本にいくらかの恩恵を負っています。

IOCは、2023年5月にインド西部の大都市ムンバイで開催される会議で2030年の開催地に名前を付ける予定です。また、2034年の冬季オリンピックにも授与される可能性があります。

IOCは、次の3つの夏季オリンピック(パリ’24、ロサンゼルス’28、オーストラリアのブリスベン’32)をすでに予定しています。次の冬季オリンピックは、2026年にイタリアのミラノ-コルティナダンペッツォで開催されます。

東京都心の大きなバナーの横に立って「ストップ」と読んでいる葉山晃さんは、「札幌でオリンピックの噂があるなんて信じられない」と語った。「誰もが忘れているようです。」

続きを読むニュース:オーストラリアへの旅行を避け、市民に尋ねる

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。