気象専門家は7月上旬に危険なほど濡れていることについて警告します
News

気象専門家は7月上旬に危険なほど濡れていることについて警告します

気象学者は、大雨、地滑り、洪水の毎年の季節となっている7月初旬に警戒を怠らないように国民に呼びかけています。

2017年から毎年7月1日から10日の間に、大雨による致命的な災害が少なくとも1回発生しています。

消防署によると、これらの災害で合計430人が死亡または行方不明になりました。

気象学者は、今年がもっと乾燥すると考える理由はないと言います。

東京大学気象学部の佐藤優樹教授は5月の気象庁シンポジウムで、「毎年大雨が降るが、特に近年、大雨が降って災害を引き起こすことが多い」と述べた。

2021年7月3日、静岡県熱海市で大暴風雨により致命的な地滑りが発生しました。

一週間後、鹿児島県や九州などで大雨警報が発令されました。200以上の建物が浸水しました。

2018年7月に大雨が西日本を襲い、川が氾濫し、土砂崩れを引き起こしました。

数十年ごとに発生するいわゆるまれな雨に対して、特別な大雨警報が発令されます。

2013年にアラートが作成されて以来、7月上旬に9件を含む、20件のアラートが発行されました。

警告は、2019年を除いて、過去5年間、毎年7月上旬に発行されています。

この期間は、大雨に適した条件である「雨雨」後の期間として知られています。

雨域は一般的に6月頃に中国南部にとどまり、7月頃に北に移動し、日本の大気を不安定にします。

さらに、日本への大量の水蒸気の流入は、雷雨の雲の列を形成する可能性があります。

これらの条件下では、長い線形のレインバンドが同じエリアに表示され、広いエリアに土砂降りが続きます。

過去5年間、毎年7月上旬に線形のレインバンドが形成されました。それらは急速に発達し、それらの位置とタイミングは、条件の最小の変化によって変更することができます。

線形のレインバンドは台風よりも予測不可能であり、住民は彼らがもたらす豪雨によって不意を突かれる可能性があります。

そのため、専門家は一般の人々に気象情報を頻繁にチェックするようにアドバイスしています。

気象庁は、2020年7月3日の夕方、熊本県が24時間で最大200mmの降雨を受けると予測しました。しかし、郡のいくつかの地域では、この期間中に400mm以上が記録されました。

7月4日の夜明け前に大雨に対する特別警告が発令されました。

Xiongchuanは大雨に見舞われ、60人以上が逃げることができませんでした。

気象庁長官はその後の記者会見で、このような災害を「予測することはできない」と述べた。

6月に、エージェンシーは線形のレインバンドが形成されると予想される前の6時間から半日の間の時間をシミュレートし始めました。

JMAはまた、そのようなイベントに幅広い時間枠を提供し、一般の人々と情報を共有しています。

一部の地方自治体は、これらのシミュレーションを通じて避難情報をより早く広めることを決定しました。

機関のウェブサイトでは、個人はレーダー観測に基づいて数時間後に雨予報を見ることができます。また、コミュニティでの土砂崩れや洪水のリスクを詳しく説明した地図を表示することもできます。

国立地球科学・災害レジリエンス研究所の主任研究員である清水真吾は、人々に最新の情報に遅れないように促した。

「今シーズンのこの時期、天気予報は短期間で変わる可能性があります」と彼は言いました。

続きを読むニュース:日米はトランプ時代の関税を発表する予定

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。