「帰還困難」地帯での帰国を許可された核兵器の避難者
News

核兵器の避難者は「帰還困難」地帯で帰国することを許可された

福島県葛尾村—福島原発事故で家を追われてから11年以上が経ち、6月12日、避難者はついに市内で最も汚染された地域に戻ることが許可されました。

しかし、そうすることを選択する人はごくわずかであり、いくつかの制限がまだあり、高い放射線レベルへの懸念もあり、結果はほろ苦いものになっています。

「事故から約11年後、ようやく復興のスタートラインにたどり着きました」と霞村長の篠木宏氏は6月12日に語った。

2011年の福島第一原発事故以来、福島県庁が「返還困難」に指定した住宅地の避難指示が解除されたのは今回が初めてです。

村の大雪地帯から逃げ出した住民は、6月12日にそこで生活を再開することが許されたが、今のところ帰国するのは約10パーセントに過ぎないと予想されている。

被害を受けた原子力発電所の西約20キロにあるこの地域は、返還が困難な地域の一部です。

6月12日午前8時、政府の地方核緊急対応本部の職員は、人や車が野行に入るのを防ぐために設置されたバリケードを撤去し始めた。

村によると、この地区には現在30世帯があり、82人の登録住民がいます。

そのうち、避難指示が解除された直後に帰国した4世帯2世帯を含む4世帯8人が、イェシュエでの生活再開を計画している。

その中には、避難指示解除に備えて半年前に新居を建てた半沢藤夫さん(69)もいる。家の正面玄関にはコントロールパネルが設置されており、警備会社が彼の留守中に彼の家を監視していました。

「おそらく1年のうち6か月ほどしかここに戻ってこないので、初めて警備会社と契約を結んだ」と彼は語った。「村人の間では珍しいと思います。」

半沢は野行に戻ることを決意したが、40キロ離れた福島県郡山市で家族と暮らし続ける。

彼は、食物制限のために永久に家に帰る準備ができていなかったと言いました。原発事故の前は、店で野菜を買うことはめったになく、畑で育てたり、近所の人と収穫を分け合ったり、その逆もありました。

野生の雪の避難命令は解除されましたが、当面の間、まだ高い放射線レベルを持っている食用の野生植物やキノコの消費を制限する可能性があります。

「テストで地元産の野菜の安全性が確認されたとしても、地元産の野菜を食べることには注意が必要です」とハンサワ氏は語った。

「避難した街は生活に便利でしたが、50年以上住んでいる地域に住んでいるような気がします。季節ごとにそよ風を感じます」と語った。

環境省が主に住宅地で浄化作業を行った後、野生の雪の放射線レベルは避難命令を解除するためのしきい値を下回りました。

しかし、村によると、測定値は依然として災害前のレベルの4〜5倍であったため、多くの住民は家に帰ることに消極的でした。

2011年3月に原子力発電所で3回のメルトダウンが発生した後、中央政府は、Guiwei全体を含む年間放射線量が20mSvに達すると推定される地域に対して避難命令を出しました。

政府はまた、Guiweiの大部分を含む7つの都市をカバーする、返還が困難な地域として、年間測定値が50mSvの地域を指定しています。

村によると、2016年には、年間測定値が50ミリシーベルト未満の地域に住む葛尾村民が帰国を許可されましたが、帰国したのは30パーセント未満でした。

続きを読むニュース:ハリー、ミーガンはCOVID-19の誤警報について懸念を表明します

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。