価格が高騰する中、怒りは日本銀行総裁の「アウト・オブ・タッチ」のコメントに沈む
News

価格が高騰する中、怒りは日本銀行総裁の「アウト・オブ・タッチ」のコメントに沈む

東京-日本円は6月13日に135ドルの水準に下落し、1998年以来の最も弱い価格上昇でした。このような背景から、日本銀行の黒田晴彦総裁は、家計は「インフレを受け入れる」と述べました。彼はすぐに辞任したが、家計を管理している人々はコメントにとらわれず、世論や日常の現実を完全に無視している。

東京都足立区のスーパーさんようスーパーで買い物をしている82歳の主婦、福地誠子さん(82)は6月10日、「値上げは問題だが仕方がない。値下げしている」と述べた。外食。” 黒田氏の発言について、毎日新聞のインタビューで、「彼とその周辺の人々は元気ですが、コロナウイルスのために生計を立てるのに苦労している人々がいます。彼の前に考えてもらいたいです。話す。」

74歳の年金受給者は、中央銀行総裁の発言に「本当に腹を立てている」と述べた。「『普通の人と同じ給料で一ヶ月暮らしよう』と思った」と彼女は語った。最近の値上げについて、「私の世代はオイルショックに見舞われた。当時は賃金が上がって大丈夫だった。でも、こういうインフレが見られたので、怖い。外出して楽しみのために何もしていません。できません。」

-お店は生計を立てるのに苦労しています。

調達コストは上昇しているものの、スーパー三洋スーパーは運営費をお客様に転嫁しないよう努めています。たとえば、店舗のオフィスでは、一度に200箱の作業用手袋を購入しています。

「私は通常4〜5箱を買いだめします」と店を経営する会社のディレクターである阿部芳国は言いました。「買った時は700円でしたが、今は1200円です。」「私たちはどれだけ吸収できますか?そして商品の価格をどれだけ渡すことができますか?私たちはかみそりの端を取り、他の店が何をしているかを追跡しようとしています」と彼は付け加えました。

一方、東京都大田区の産経スーパーで買い物をしている40代のサラリーマンは、「いつも安いので、まだ値上がりしている気がしない。肉は国産肉の水準に近づいている」と語った。心配だ」と語った。

店舗運営者の大門三景社長の隼津健氏によると、過去6か月間、スーパーマーケットの全商品、特に食用油や小麦粉を含む商品の約半分の価格を引き上げなければならなかったという。そして、早津氏は、さらなる値上げは避けられない可能性があると述べた。

同氏は、「価格が上昇し続けると、顧客の予算は厳しくなるだろう」と述べた。黒田氏のコメントに応えて、早津氏は毎日に、値上げは「許容できない」が「避けられない」と語った。彼は世論に触れていない」と語った。

原油や穀物などの世界的な商品価格の上昇に伴い、円安は引き続き急激に進んでいます。この二重の課題に応えて、多くの企業は、値上げが売り上げを圧迫することを恐れて、値上げを避けようとしました。しかし今、彼らは純粋に必要に応じて請求額を引き上げています。

大手食品105社の民間調査会社帝国データバンクの調査によると、6月1日現在、今年は10,789件の増加が見込まれている。3,000点以上の価格は7月以降上昇すると予想されています。

10,000点以上の高額商品のうち、40%がカップヌードルやハムなどの加工食品です。多くのアルコール飲料や調味料もより高価になっています。値上げは平均13%と推定されており、Tekoku Databankの分析によれば、コストの上昇を十分に吸収できない企業は、前例のない速度で繰り返し値上げを行う可能性が高い。

続きを読むニュース:テルノフジは新年の相撲で彼のアドバンテージを保持します

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。