日本が外国人観光客に再開するにつれて混乱に陥った旅行会社
News

日本が外国人観光客に再開するにつれて混乱に陥った旅行会社

日本が先週外国人観光客のビザ手続きを再開したとき、旅行代理店は入国手続きと直前のCOVID-19ガイドラインに関するコミュニケーションの欠如に戸惑いました。

政府の突然の行動により旅行業界への不満が高まっており、一部の国内企業はコロナ19の長期化によりインバウンド観光客向けのツアーの運営を停止している。

岸田文雄首相は5月26日、日本は金曜日から外国人観光客を再開すると発表した。

この発表で国内外の旅行代理店からのお問い合わせが殺到

インバウンド観光を支援する日本企業のマネージャーは、「海外の旅行代理店が旅行参加者を急いで探していて、ビザが必要だったので混乱した」と語った。

パンデミックの前に、日本は米国、韓国、タイ、マレーシアを含む68の国と地域からの観光客にビザなしの旅行を提供しました。

しかし、外務省によると、COVID-19による国境制限は「誰もがビザが必要」という意味になっています。

海外の旅行代理店の多くも、ビザを申請するために、木曜日の深夜まで営業を開始しなかった厚生労働省のシステムに旅行者の情報を入力する必要があることに気づいていませんでした。

韓国の旅行代理店は、今月の日本への旅行計画が手続きのためにキャンセルされたため、7月が最も早い旅行開始になる可能性があると述べた。彼女は韓国の日本大使館にも連絡を取りましたが、役に立ちませんでした。

日本政府観光局が火曜日に発表したガイドラインによると、外国人観光客がCOVID-19に感染した場合、医療費をカバーするためにマスクを着用し、保険に加入する必要があります。

旅行代理店は、ツアーを販売または予約する際に、ツアー参加者の同意なしにツアーに参加できない可能性があることを説明し、措置を遵守する必要があります。

旅行中、代理店は参加者が訪れた場所や公共交通機関に座った場所など、参加者の動きも記録します。

日本の大手旅行代理店であるJTBの関係者は、「問題を回避するためのガイドラインを説明する必要がある(日本を訪れる観光客向け)」と述べた。

東南アジアを中心に日本への旅行を企画している東京を拠点とするTASCo.は、旅行代理店のガイドラインを現地の言語に翻訳し、将来の旅行者に迅速に伝達していると述べています。

ある会社の関係者は、「現在、できることは限られているが、問い合わせが多く、日本旅行への関心も高い」と語った。

しかし、中小規模の旅行代理店の景気後退が悪化する中、多くの人が訪日外国人観光客向けのツアーを中止または中止することを決定しました。

その中には、イスラム教徒向けのツアーを数多く開催している西日本代理店や、中国人観光客の訪日を支援してきた東京を拠点とするオペレーターが含まれます。

岸田文雄氏は、日本はパンデミック前と同じ数の訪問者に徐々に対応することを目指しているが、国のホスピタリティ産業を再建しながら国境制限を緩和することは挑戦になるだろうと述べた。

続きを読むニュース日本映画「ドライブマイカー」がゴールデングローブ賞を受賞

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。