日本の警察官が被拘禁者の食べ物を盗んだ疑いで警告
News

日本の警察官が被拘禁者の食べ物を盗んだ疑いで警告

前橋-東日本の空腹の警察官は、拘留された容疑者の食事から魚を盗んだとして、6月10日に警告を受けました。

群馬県警も同日、辞任した21歳の警備員について、盗難容疑で前橋地方検事局に書類を送った。警官は5月9日、警察署の拘置所で受刑者の食事から50円(約40セント)相当のサンマを盗んだとして告発された。誰も気付かないと思った」

囚人が自分の弁当に含まれる魚の数が同じセル内の他の人に配布された食事よりも少ないことに気づいた後、盗難の疑いが明るみに出ました。囚人は別の警察官に「私の食事は他の人よりもおかずが少ない。警察官が盗んだ魚の一部が警察署のゴミ箱で見つかった。

警察官は、容疑者から頻繁に食べ物を盗むことを認めています

4月中旬以降のts。彼は最初に残り物を拾いましたが、後でそれらが配布される前に弁当箱からおかずを盗み始めたと言いました。彼はまた、彼は通常、独身の独房で受刑者を対象とした弁当を盗んだと告白したが、5月9日、別の警官が複数人の独房で食事を配った。続きを読むニュースアカデミー賞のノミネートが発表されました。「パワー・オブ・ザ・ドッグ」は12の栄誉を獲得します

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。