日本慈善団体がウクライナ人のための募金活動を開始
News

日本慈善団体がウクライナ人のための募金活動を開始

日本の財団は月曜日に、日本の1,200人以上のウクライナ人避難者に語学学習やその他のニーズのための追加の財政支援を提供するための募金活動を開始すると発表しました。

日本財団の笹川淳平常務理事は、米国とウクライナの大使との協力により、10億円(740万ドル)を調達する予定であると語った。

財団はすでにウクライナの避難者の交通費と生活費に50億円(3700万ドル)を約束しています。2月下旬にロシアが侵攻して以来、日本は1,200人以上の避難民ウクライナ人を受け入れてきた。

笹川氏は、駐日米国大使のラーム・エマニュエル氏から、普通の日本人がウクライナの避難者を支援できるようにするよう要請されたと語った。

記者会見でササカバ氏とエマニュエル氏に加わったウクライナ駐日大使セルギ・コルスンスク氏は、この基金への寄付を「常にあなたの友となる国への日本の投資」と見なすよう日本人に促した。彼は、ウクライナが自らを再建する準備ができたとき、日本のウクライナ人は「私たちの国の間の架け橋」になるだろうと言った。

日本はすぐに米国や他の主要な先進工業国に加わり、ロシアに制裁を課し、ウクライナを支援しました。東アジアでの同様の発展を恐れて、北京はますます積極的になり、台湾との団結を拒否した場合、台湾に対する軍事行動を脅かしました。中国。

ウクライナの避難者の受け入れは、日本にとっては珍しいことです。日本は、労働力が減少しているにもかかわらず、難民と移民の政策が非常に厳格です。支持者たちは、ウクライナ人への支援がより寛大な移民政策につながることへの期待を表明しています。

人権団体は、アフガニスタンやミャンマーなど、このような温かい歓迎や全国的に組織された支援システムを受けていない他の国からの避難民を無視したとして、日本を批判している。

「これはお互いに有利な状況だと思います。日本は労働力不足の助けを借りることができ、ウクライナ人や避難者は彼らのスキルを持って仕事を見つけ、彼らの一時的な新しい家に貢献することができます」とエマニュエルは言いました。

日本財団は、笹川良一の祖父であり、極右の政治家であり実業家でもある笹川良一によって、人気のギャンブルゲームであるモーターボートレースで稼いだお金を分配するために設立されました。

なぜ彼が財団に手を差し伸べたのかと尋ねられたとき、ウクライナにルーツを持つエマニュエルは、それが人道援助で知られており、すでにウクライナの避難者を助けることにコミットしていると言いました。

続きを読むニュース:デジタル形式の韓国時代のアートワーク「Pyonsend」

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。