日本の司祭が韓国の裁判所で盗まれた像の返還を要求する
News

日本の司祭が韓国の裁判所で盗まれた像の返還を要求する

日本の僧侶は、10年前に韓国の法廷で寺院から盗まれた古代の仏像の早期返還を要求しました。

田中節師は、長崎対馬市にある観音寺仏教寺院の僧侶です。彼は水曜日に初めて法廷に出廷した。

2012年に寺院から盗まれた蓮の形をした菩薩像が韓国で発見されました。像は現在、国のコレクションにあります。

韓国中部のブソクサは、像の所有権を主張し、政府がそれを寺院に引き渡すことを要求する訴訟を起こした。

寺院は法廷で、その人物が中世の日本の海賊によって朝鮮半島から盗まれたと主張した。

大田市裁判所は、2017年に像を武蔵寺に移すよう命じました。

政府はその決定を高等裁判所に上訴した。

昨年11月、韓国高等裁判所は、第三者の利益として日本の神殿の公聴会への参加を承認しました。

田中氏は法廷で、観音寺はその人物を平和的かつ公に保持し、日本と韓国の民法の下で寺院に属していると述べた。彼は、彫像が盗まれて韓国に不法に持ち込まれたと言いました、そして彼はそれをできるだけ早く戻すことを強く望んでいます。

伝説によると、田中は16世紀に朝鮮半島から彼の寺院のために彫像を受け取りました。

それに応えて、ブソクサ寺院は、観音寺に像が合法的に受け取られたという証拠を提供するように要求した。

田中氏は後に記者団に、法廷で言いたいことはすべて言ったと語った。もう10年になります、と彼は付け加えました。

検察は本日、韓国が3年前に日本から泥棒に盗まれた2つの仏像のうちの1つを返還することを決定したと発表しました。

日本は韓国製の2体の銅像の返還を要求したが、検察は、元の所有権をめぐる論争が解決するまで、2体目の銅像は韓国に残ると述べた。

2012年に日本の対馬島のいくつかの神社から盗まれた彫像の運命をめぐる論争は、日本の韓国との歴史的関係の問題を反映しています。

2013年、韓国では当初4人が窃盗容疑で逮捕されました。当局によって没収された彫像を売ろうとして4人が逮捕された。

日本は銅像の迅速な返還を要求したが、韓国の地方裁判所は、何世紀も前に日本の海賊によって韓国から盗まれた可能性があるとして、銅像の返還を阻止した。

本日の判決では、検察は、8世紀の銅像が違法に日本に移されたという証拠はなく、韓国では主張がなされていないことを強調した。

同事務所はプレスリリースで、「刑事手続法に従い、銅像を日本の元の所有者に返還する予定である」と述べた。

しかし、別の14世紀の像は、1330年に神殿に捧げられたが、1520年以前に日本の海賊によって略奪されたと言われている、西山の南西部の都市にある仏教寺院から主張されています。

検察は、「所有権をめぐる法的な論争が続いているため、返還するかどうかの決定はない」と述べた。

ブロンズ像の1つでも返還されたという事実は、いくつかの国内ソーシャルメディアを通じて「裏切り」および「親日派」として批判されました。

続きを読むニュース: テルノフジは新年の相撲で彼のアドバンテージを保持します

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。