プーチン人形を聖なる木に釘付けにしたとして逮捕された日本人男性
News

プーチン人形を聖なる木に釘付けにしたとして逮捕された日本人男性

日本の警察は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の顔をした麦わら人形を千葉県松戸市の神聖な木に釘付けにしたとして、日本の警察を逮捕しました。

警察は、72歳の男性が不法侵入と物的損害で起訴されたと述べた。

人形の大きさは約30cmでした。その隣には、プーチンの生年月日が書かれた手書きの手紙がありました。日本では、伝統的にわら人形は人々に呪いをかけるために使用されていました。

警察は先月以来、市内の他の神社を巻き込んだ同様の事件が約10件報告されたと述べた。当局は、これがそれと関係があるかどうかを調査しています。

神道司教渋谷信夫は、戦争に対する感情を表現する他の手段があるに違いないと述べた。

警察によると、ウラジーミル・プーチン大統領の顔をした麦わら人形を東京近郊の神社の神聖な木に釘付けにしたとして、72歳の男性が水曜日に逮捕された。

千葉県松戸市警は、日野光信が物的損害と不法侵入で起訴されたと述べた。人形にはプーチンの顔の絵があり、胸にはロシアの指導者の死を祈るメモが入っています。

日野は松戸三日月神社の敷地内で午後2時10分頃に不法侵入の罪で起訴されています。5月19日、藁人形が釘付けされ、神木「神木」に穴が開けられます。

警察によると、昨年5月以降、東日本の10以上の神社で同様のプーチン人形が確認されており、人形の大きさや付記の文章も類似しており、犯人の可能性が高いとみられます。

敷地内の防犯カメラは、鞄に藁人形のようなものを持って階段を登っている日野のように見える男を映し出していました。神聖な木には深さ4cmの穴が2つ残っています。

神社の歴史は800年以上前にさかのぼります。信谷信夫さん(81)は「健康を願う人が集まる場所でこんなことをするなんて想像もできない」と語った。

三日月神社の田島幸弘氏は地元紙の取材で、「戦争を終わらせたいのはわかっているが……

先月、岸田文雄首相はロシアのウクライナ侵攻を非難し、4カ国(米国、インド、オーストラリア、日本)が一方的な現状維持に反対していると述べた。

日本は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の肖像画が神社の神聖な木に刻まれた藁のブードゥー人形を持っていた容疑で、72歳の男性を逮捕しました。

今週の水曜日、日本人の日向光信は東京の東の千葉に拘留されました。彼は物的損害とあなたに対する不法侵入で起訴されました。地元メディアは、松戸警察も神木に穴をあけたと報じた。神道はこれを神聖なものと考えています。

世界中で、ウラジーミル・プーチンのウクライナ侵攻は、怒り、非難、制裁を引き起こしました。しかし、日本では、ロシアの指導者は珍しい種類の罰に直面しています。神聖な木に釘付けにされた人形の形で彼の死への超自然的な訴えです。

東京東部の千葉県の警察は、松戸の町の近くの神社でプーチンの顔の写真が入ったわら人形の発見の調査を開始しました。日本ではウクライナへの支持と侵略への怒りが蔓延しているが、城木の釘による被害に地元住民は憤慨している。

続きを読むニュース: 韓国はNETFLIXを2番目に大きいコンテンツプロバイダーとしてランク付けしています

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。