日本は核兵器禁止条約の署名者会議に出席しない
News

日本は核兵器禁止条約の署名者会議に出席しない

日本政府は、核兵器禁止条約の最初の署名者の会合にオブザーバーとして出席しないと述べた。

外務省のスポークスウーマン、小野彦子は水曜日に決定を発表した。会議は来週の火曜日にオーストリアのウィーンで始まります。

日本は条約を批准しなかった。しかし、原爆被爆国は日本だけなので、原爆被爆者らが政府にオブザーバーとして参加を呼びかけている。

小野首相は記者団へのインタビューで、現実を変えるには原発の協力が必要だと述べたが、いずれも条約に参加していなかった。彼女は、日本は実際的な努力を促進するために努力すると述べた。

小野首相は、日本が軍縮のための効果的な措置を取り続け、核兵器のない世界に近づくことを望んでいると彼女は述べた。

小野首相は、8月の核不拡散条約(NPT)再検討会議で、日本が有意義な進歩を遂げられるように最善を尽くす計画だと述べた。原子力発電所も会議に出席します。

米国政府筋によると、米国の核兵器禁止条約への反対を反映して、米国政府は、国連核兵器禁止条約の最初の署名者会議にオブザーバーとして出席しないよう日本に要請した。

ある筋によると、日本政府は米国と提携して慎重なアプローチを提案している。日本の岸田文雄首相は17日の国民議会で、オブザーバーとして会議に出席するための「具体的な計画」はないと述べた。

情報筋によると、ジョー・バイデン政権は、11月24日にドイツの政党が3月のウィーンでの会議にオブザーバーとして参加することを発表した後、外交ルートを通じて日本に要請した。

岸田首相は先週、「バイデン大統領との信頼関係を築く前に」会議に出席するのは時期尚早だと提案した。

ドイツの動きは、原爆の影響を受けた唯一の国として、核兵器のない世界を目指していると述べた日本に注目を集めました。両国は、保護のために米国の核兵器に依存している主要な米国の同盟国です。

米国政府は、バイデン前副大統領が非核世界のために働くことを約束したにもかかわらず、今年1月に発効した核兵器禁止条約に反対している。

ワシントンは、核保有国からのコミットメントがない場合の核兵器の完全な禁止は、軍縮に向けた実際の進展にはつながらないと信じています。一方、米国は1970年の核不拡散条約に基づく義務の履行を約束し、段階的な軍縮努力につながった。

国務省のスポークスウーマン、ネッド・プライス氏は月曜日の記者会見で、「核兵器禁止条約が条約の中心となる目標を達成するという主張を固く拒否する」と述べた。

プライス氏は、ワシントンがウィーン会談で日本に質問したかどうかについてコメントすることを拒否し、米国政府とその同盟国の間で起こりうる「私的な議論」について共有することは何もないと述べた。

情報筋によると、米国政府はまた、12月に発足したドイツの3党に対し、3月22〜24日にウィーンで開催されるサミットへの参加を断念するよう要請している。

北大西洋条約機構の加盟国であるドイツは、その領土に米国の核兵器を保有しており、それらを輸送できる軍用機を持っています。三国は、NATOのいわゆるニュークリアシェアリング協定に留まることを約束しました。

続きを読むニュース: ファイザーのCEO、アルバート・ブーラがジェネシス賞を受賞

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。