日本は10年連続の月間貿易赤字を記録し、新しい輸入額を設定
News

日本は10年連続の月間貿易赤字を記録し、新しい輸入額を設定

エネルギー価格の高騰は、5月の日本の貿易収支に引き続き負担をかけた。これは輸入を押し上げ、 10ヶ月連続で赤字を維持することに貢献しました。

財務省によると、先月の赤字は約2.4兆円(約180億ドル)だった。

輸入は前年同期比48.9%円増。

原油価格は上昇しましたが、液化天然ガスは最大2.5倍高価でした。同時に、石炭輸入額は3倍以上になりました。

円安も歴史上初めて9兆円(約670億ドル)を超える輸入に貢献した。

一方、輸出は15.8%増加した。これは、鉄鋼と半導体の出荷が増加したことも一因です。

アナリストは、ロシアのウクライナ侵攻によりエネルギー価格が高止まりし、日本の貿易収支は長期にわたって赤字を維持する可能性があると述べています。

ウクライナ戦争後のエネルギー価格の高騰を受けて輸入が28%急増したため、日本は4月に貿易赤字を計上した。

木曜日に発表された財務省によると、日本の輸出は先月、前年比12.5%増の8.76兆円(630億ドル)に達した。

4月の輸入額は8.915兆円(700億ドル)で、2021年4月の6.953兆円から1979年以来の高水準となった。

日本の貿易は、コロナウイルスのパンデミックに関連する生産やその他の問題もあって、近年変動しています。

日本の4月の貿易赤字は83.9億円(70億ドル)で、9ヶ月連続の赤字でした。対照的に、世界第3位の経済大国は昨年4月に2270億円近くの黒字を記録した。

為替相場の変動は日本にとっても問題となっています。円安は一般的に日本の輸出額を押し上げるために働いてきたが、円が20年で米ドルに対して最低水準に下落したことにより、輸入はより高価になった。

日本は2011年から2015年にかけて、エネルギーの輸入コストが上昇し、輸出が徐々に減少したため、年間貿易赤字を計上しました。この国は近年貿易黒字になっています。

資源の乏しい日本はほとんどすべてのガスと石油を輸入しており、2011年3月の福島地震、津波、原子力災害の後、多くの原子力発電所が閉鎖され、安全に対する国民の懸念が広まりました。

また、木曜日に、日本の観光局は、COVID-19の旅行制限が徐々に緩和され、2年間で10万人を超えたため、4月に139,500人の外国人旅行者が入国したと発表しました。

日本は過去2年間、感染の拡大を抑えるために入国を制限してきました。パンデミックが発生する前の2019年、日本は3,200万人の海外からの訪問者を魅了しました。

政府は今週、日本の第1四半期の国内総生産(GDP)が、インフレの上昇とCOVID-19の制限により支出と投資が縮小したため、年率1%減少したと報告しました。

東京(AP)—日本は、エネルギーコストの上昇と対ドル円安により輸入が28%急増したため、4月に貿易赤字を計上しました。

日本の4月の貿易赤字は83.9億円(70億ドル)で、9ヶ月連続の赤字でした。対照的に、世界第3位の経済大国は昨年4月に2270億円近くの黒字を記録した。

木曜日に発表された財務省によると、日本の輸出は先月、前年比12.5%増の8.76兆円(630億ドル)に達した。

4月の輸入額は89.15兆円(700億ドル)で、2021年4月の6.953兆円から増加し、1979年に比較数値がまとめられて以来最高となった。

日本の貿易収支は、生産の混乱やその他のエピデミックに関連する問題もあって、近年変動しています。

安い円は通常、日本の輸出額を押し上げるのに役立ちますが、米ドルに対して20年で最低水準に下がると、より多くの輸入が必要になります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。