日本映画「ドライブ・マイ・カー」がゴールデングローブ賞を受賞
News

日本映画「ドライブ・マイ・カー」がゴールデングローブ賞を受賞

濱口竜介監督の日本映画「ドライブ・マイ・カー」が、日曜日(米国時間)の英語以外の最高の映画でゴールデングローブ賞を受賞しました。この映画は、オスカーに向けて国際的な栄誉を受けたとされています。 この映画は、同名の小説家村上春樹が書いた短編小説に基づいており、米国の映画評論家協会から他の3つの賞にも選ばれました。昨年のカンヌ映画祭では、最優秀脚本賞も受賞しました。 3時間にわたる暗くて憂鬱な映画は、妻が秘密を残して亡くなった後、運転手として雇った若い女性に慰めを見いだした悲しみに暮れる舞台俳優兼監督の物語です。 全米映画批評家協会のメンバーは、主演を演じる西島秀俊に最優秀俳優賞を授与するとともに、最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀脚本賞を受賞した「DriveMyCar」を授与しました。 12月初旬のロサンゼルス映画批評家協会も、この映画に最優秀作品賞と最優秀脚本賞を授与しました。 授賞式では、Netflixのヒットした韓国ドラマシリーズ「イカゲーム」も受賞しました。脳腫瘍の高齢者競技者としての役割を果たした俳優の呉永洙は、テレビをサポートする最高の俳優を受賞しました。 大ヒットシリーズは、金銭的な借金を抱えている何百人ものプレイヤーを中心に展開する物語を語っています。彼らは、456億ウォン(3800万ドル)の賞金を求めて、子供向けゲームの致命的な戦いに参加するよう招待されています。ドラマは、シリーズを通して階級の不平等の皮肉を描いています。 ハリウッド外国人映画記者協会の多様性の欠如に対する批判の中で、第79回ゴールデングローブ賞の授賞式は、米国のテレビネットワークNBCによって放送されることなく開催されました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。