テルノフジは新年の大相撲で彼の優位性を保持します
News

テルノフジは新年の大相撲で彼の優位性を保持します

日本で開催中の新年の大相撲で、唯一の横綱照ノ富士は月曜日にランクとファイルの対戦相手若隆景渫に対して彼のキャリアの支配を維持し続けました。しかし、貴景勝光信に敗れた大関貴景勝光信は好調だった。 照ノ富士春雄は、2020年9月の負傷撤退で3連覇を達成し、1位の若隆景渫と対戦して8対1の改善を見せた。 それでも、モンゴル生まれのグランドチャンピオンは、初日の大栄翔勇人に勝利した後、2日目に再び勝利を収めるために努力しなければなりませんでした。 若隆景渫は照ノ富士春雄(0-2)を右端に連れて行き、横綱が腕をかじり、アームロックスローでタンブリングを送った。 トーナメントの概要 •名星は、2度のグランドトーナメント優勝者である大関貴景勝光信に対して、今年初優勝を飾りました。 •大関は強烈なチャージで開幕し、明星(1-1)はその後、素早いフットワークでテーブルを横に滑らせ、貴景勝(1-1)を押し倒した。 •尾関庄台(0-2)は2番の浦を真っ直ぐ後ろに押し出し、2-0に改善し、3回目のトップディビジョンミーティングで前台に初勝利を収めた。 •関脇御嶽海(1-1)は、大関の昇進を主張しようとしている巨人第2逸ノ城駿に対して、説得力のある勝利を収めました。 •御嶽海(2-0)は、逸ノ城駿の初期のグリップの試みを擁護し、低い角度から攻撃して、そびえ立つ敵を押し出しました。 •関脇隆の勝伸明は、相撲の3位に復帰し、霧馬山1位との初勝利(1-1)を獲得しました。 •元コムスビ霧馬山が隆の勝伸明をエッジ(0-2)に戻した。 •大栄翔(0-2)が3番玉鷲(2-0)の手に2度目の敗北。 •元コムスビアビ(2-0)は、簡単なプッシュアウト勝利で力強く見え続けた後、5位千代翔馬(0-2)に勝ちました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。