教皇フランシスコ がローマのレコードショップを訪問。クラシックCDを購入する
News

教皇フランシスコ がローマのレコードショップを訪問。クラシックCDを購入する

火曜日の夜、カトリック教会の長でバチカン市国の主権者である教皇フランシスコは、クラシック音楽の愛好家がローマでレコードショップを経営していた旧友を訪ね、CDをプレゼントしました。 しかし、この地域に偶然にいたローマ・レポートのテレビ通信社ハビエル・マルティネス・ブロカルの記者がスマートフォンでそれを撮影し、ツイッターに投稿した後、非公開のままにすることを目的とした訪問は大衆に狂った。 報道によると、フランシスは古代のパンテオン近くのステレオサウンドレコードショップに10分強滞在しました。バチカンのスポークスマンは、最近改装されたので、店を祝福するためにそこに行ったと述べました。 報道記者は、彼がブエノスアイレスの大司教であるホルヘ・マリオ・ベルゴリオ枢機卿であった数年前に、店の所有者が教皇と友達になったと彼に言ったと述べました。 そして、彼が教会の仕事でローマにいるときはいつでも、彼はクラシック音楽のレコードとCDを買うために彼らの店を訪れ、聖職者を訪ねるために近くの住居に滞在しました。 店主は教皇にクラシック音楽のCDを渡したと述べた。フランシスはベートーベン、モーツァルト、バッハ、さらには彼の生まれ故郷のアルゼンチンのタンゴ音楽が好きなことで知られています。 ビデオは、教皇がバチカンのナンバープレートが店を出て行くシンプルな白いフィアット500に入るのを示しました。彼は防弾車から遠ざかると言われています。 報告によると、ローマ法王がローマの店を訪れたのはこれが初めてではなかった。 2015年の選挙から2年後、彼はローマの眼鏡技師に新しい眼鏡を注文し、それを自分で手に入れることにしました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。