Uncategorized

BTSは日本のコンピレーションアルバムの100万枚以上を販売しています

韓国と世界的に有名なボーイグループBTSは、最新の日本のコンピレーションアルバムの100万枚以上を売り切ることで、彼らの業績にもう1つの羽を追加しました。この記録により、このグループは2005年以来この偉業を達成した最初の韓国のポップシンガーになりました。
日本の音楽市場トラッカーであるオリコンによると、12月27日から1週間のアルバム「防弾少年団The Best」は、総売上高1,002,000枚に3,000枚以上追加された。
Oriconのデータに基づく最新のレコードは、グループを日本で14番目の外国の行為にし、ミリオンセラーのアルバムを作ります。
そのようなレコードを受け取った他の韓国の行為の中には、2003年に彼女の2番目の日本のアルバム「Valenti」で最初にS.MエンターテインメントからのBoAと2005年に日本のコンピレーションアルバム「BestofSoul」で2番目にありました。
Oriconによると、16年7か月後のBTSは、BoAが同じアルバムを達成して以来、100万枚のアルバムを販売した最初の外国人アーティストになりました。伝説的なロックバンドのクイーンが2004年に同じものを受け取った後、7人のメンバーグループはまた、ブレークスルーを達成した最初の外国人男性アーティストです。
6月16日にグループがリリースした「BTS、The Best」は、2017年から過去4年間に日本でリリースされたアルバムのシングルとトラックを集めたものです。アルバムには日本のオリジナル曲を含む23曲が含まれています。 「FilmOut」や「YourEyesTell」など、グループのヒット曲の日本語版もあります。
コンピレーションアルバムは、782,000枚を売り上げた後、リリースの最初の週にオリコンのウィークリーアルバムチャートで1位になりました。
昨年末の防弾少年団は、993,000枚以上のアルバムを販売し、オリコンの年末アルバムチャートで1位を獲得した最初の外国人グループとなり、新たな記録を打ち立てました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です