News

KBSは、テレビ制作で使用される動物のガイドラインを提供します

韓国の放送ネットワークKBSTVは、撮影中に使用された馬が明らかな虐待により死亡したという暴露に対する国民の怒りを受けて、テレビ制作で使用される動物の福祉を確保するためのガイドラインを発表しました。 テレビシリーズ「太宗イ・バンウォン」のショーランナーが意図的に走っている馬をつまずかせ、撮影目的で生き物を激しく地面に倒したことが先月わかった後、公共ネットワークは非難された。 約1週間後、動物虐待の告発の中で馬が死亡した。朝鮮王朝の創始者である李成桂を中心とした壮大な時代劇は、論争の末、1月22日から中断されている。 2月26日に番組の再開を発表したプレスリリースの放送局は、撮影中の動物の福祉と安全を確保するための制作ガイドラインを新たに採用したと述べた。 ガイドラインの下で– •動物の健康を危険にさらしたり、ストレスの多い状況に置く可能性のあるシーンを制作する場合は、可能な限りコンピュータグラフィックスの使用を義務付けています。 •生産中に動物に怪我を負わせたり殺したりすることを禁止し、生きた動物を食べることを撮影することを禁止しました。 •また、プロダクションでの専任の動物保護監督者の指名を要求し、撮影中に獣医の立ち会いを要求しました。 •水産業、爬虫類、昆虫、霊長類を含む10種類の動物および昆虫種の保護に関連する具体的な対策を提示しました。 KBSは、ビデオ制作業界全体で動物福祉の意識を向上させ、動物の安全な撮影を可能にする環境を提供するために最善を尽くすと述べました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。