News

NIRVANAは、「NEVERMIND」アルバムカバー訴訟の完全な却下を求めています

ロックミュージックバンドのニルヴァーナは、1991年のアルバム「ネヴァーマインド」で生後4か月の裸の赤ちゃんとしての彼の描写が児童ポルノであると主張する訴訟の最新の訴えで、米国の裁判官に同じものを永久に却下するよう促しました。 ロサンゼルス連邦裁判所に提出されたバンドは、スペンサー・エルデンが彼を性的に搾取したと主張するのに時間がかかりすぎて、彼の苦情の3番目で最新のバージョンを破滅させたと述べた。 バンドの弁護士は、写真が児童ポルノではないという深刻な問題はないが、エルデンの訴訟は時効により長い間禁止されていると書いた。エルデンの場合、これはストライク3であり、このケースは終了する必要があります。 「ネヴァーマインド」のアルバムカバーは、エルデンが釣り針で突き刺されたドル紙幣に向かって裸で泳いでいる様子を描いています。 エルデンは、写真が彼に「生涯の損害賠償」を引き起こした一方で、ニルヴァーナに彼の費用で数千万ドルを稼がせたと述べました。 「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」をフィーチャーしたアルバムの売り上げは3000万枚を超えました。 エルデンによる最新の苦情には、彼が2021年8月に連邦の10年の時効の範囲内で訴訟を起こしたことが示されることを望んでいた詳細が含まれていました。 しかし、ニルヴァーナの弁護士は、エルデンが2011年8月以降、時計を再開するために初めて合理的に発見した新たな被害者を特定しなかったと述べました。 被告には、ニルヴァーナのバンドメンバーであるデイブ・グロールとクリス・ノヴォセリック、故リード・シンガーのカート・コバーンの未亡人コートニー・ラブ、いくつかのレコードレーベル、写真家のカーク・ウェドルが含まれます。 米国地区裁判官フェルナンドオルギンの前の次の公聴会は2月24日に予定されています

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。