News

S. KOREAは、2022年にインフレ、住宅市場の安定化を目指しています

韓国政府は、利用可能なすべての政策を動員することにより、新年のインフレ圧力と住宅市場の安定を目指しています。利用可能なすべての手段を動員することにより、早期に同じものを安定させる緊急の必要性に直面しています。
洪楠基財務相によると、この国は、COVID-19の大流行に見舞われた小規模商人を支援する政策を優先し、脆弱な人々とともに社会的セーフティネットを強化する予定です。
この国は昨年、エネルギーコストの高騰と農産物の高価格により、消費者インフレが10年間で最も速いペースで成長することを記録しました。
2021年には、消費者物価は前年比​​2.5%上昇し、前年の0.5%上昇から上昇しました。
今年の成長インフレ率は昨年に比べて鈍化すると予想されます。しかし、世界的な供給のボトルネック、高い石油価格、および景気回復の中での消費者物価は、2パーセントの範囲で実行されると予測されています。
韓国銀行(BOK)によると、2022年のインフレ見通しは2%でした。また、財務省は来年の消費者物価が2.2%上昇すると予想している。
ここ数ヶ月、より厳しい貸付規則と中央銀行の利上げの影響を受けた後の同国の住宅価格は幾分安定した。しかし、住宅市場は、主に住宅需給の不均衡により不安定な状況が続いています。
2021年末のソウルのKB国民銀行とネイバーのデータによると、住宅の平均取引価格は3.3平方メートルあたり39.99百万ウォン(33,500ドル)でした。
首都江南区で最も高額な地区である12月31日現在、平均価格は3.3平方メートルあたり7000万ウォンと過去最高を記録し、2021年1月1日から15.5%上昇した。
文在寅政権下では、2017年5月以降、ソウルなどの主要地域の住宅価格が過去最高を更新し、2022年経済の最大の課題は、今年の不動産市場が安定するかどうかだ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です