Uncategorized

韓国の国立現代美術館。が8つのプログラムを提供

韓国の国立コンテンポラリーダンスカンパニーは、今年8つのプログラムを紹介することを発表しました。
国営ダンスカンパニーによると、KNCDCの2番目の芸術監督である有名な振付家のアン・エスンが作成した初演「Usingbody」は4月に始まる予定です。ダンスを通してダンサーの身体の気持ちを表現します。
その他のプログラム-
5月には、KNCDCの2番目のレパートリー「句読点の地」が子供と10代の若者向けに展示されます。
 「昇華」–スペインのダンサーLaliAyguadéによって作成および振付されたこのショーは、「1年後」の一部でもあったショーを復活させます。今回の「昇華」は、イム・ソンジェとの「マン・トゥ・マン」という2つの法案で行われます。ソンジェはまた、パフォーマンスのためのサウンドを作成する2人のグループである「ハスクハスク」とコラボレーションします。
7月には、コンテンポラリーダンスと韓国の伝統音楽がヒップホップ、Bボーイ、ポップ、ロックなどのストリートダンスと出会うコラボレーションプロジェクト「HIPHOP」のステージングが行われます。
9月には「DanceXTechProject」を開催し、最先端のテクノロジーとコンテンポラリーダンスの新たな可能性をテストします。
11月には、2018年に開始された持続可能なダンスレパートリーを開発するKNCDCによるプロジェクト「ステップアップ」を上演し、今年は実験的なコンテンポラリーダンスを紹介する2つの選ばれたダンスグループが続きます。
昨年「ワン・イヤー・アフター」の一環として紹介され、振付家のクォン・リヨンウンが制作した「タイニー・ラウンド・クラムジー」も同月に展示される。 COVID-19のパンデミックのため、ショーは早期にキャンセルされなければなりませんでした。それは3人の振付家による三重請求プロジェクトでした。この作品では、「停止」と「キャンセル」というキーワードを使用して、振付家のプロセスと過去1年間の視点の変化を探ります。
今年の終わりは、同じタイトルのシューベルトの音楽を背景にした「冬の旅」になるでしょう。ダンスを通じて身体に敬意を表する経験豊富な振付師を紹介し、KNCDCの現在の芸術監督であるナム・ジョンホをフィーチャーします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です